お口の中全体を診る、総合的な治療に取り組んでいます

短期的治療でなく、将来まで長きにわたるよりよい口腔内環境をゴールとすることを提案します。

将来を見据えた総合的な歯科治療

当院では「むし歯を削って終わり」「痛いところがなくなったら終わり」といった、そのときよければいい応急処置のような短期的な治療は行いません。お口の中の本質的な問題を見抜き、将来にわたり健康的な口腔内環境が保てるような治療方法をご提案します。

お口の中の将来を見据えた治療をご提案します

将来を見据えた総合的な歯科治療たとえばむし歯の場合、患者さんはむし歯になった歯が痛くて歯科医院を受診します。そのため、その痛みさえよくなれば問題は解決したと思いがちですが、そのむし歯を作った原因を解決しなければ、またむし歯になってしまう可能性があります。

つまり、目の前の痛みを取ることだけを治療の目的にすると、将来のむし歯のリスクを見落としてしまうのです。当院ではお口の中全体を診る総合的な治療を行うことで、将来起こり得るお口のトラブルを最小限に抑えるお手伝いをしたいと考えます。

そのため、当院では応急処置以外、いきなり治療を行うことはありません。検査に基づいて資料を作成したあと、現状について診断したうえで治療計画をお作りします。

トリートメントコーディネーターが丁寧にお話を伺います

将来を見据えた総合的な歯科治療お口の中全体を診る総合的な治療を行うためには、患者さんのお話をしっかりお伺いする必要があります。そのため当院では、初診時にトリートメントコーディネーターという専任のスタッフがお悩みやご希望を伺います。

歯科治療というだけで緊張してしまう患者さんもたくさんいらっしゃいます。また、何か疑問があっても治療中のドクターには聞きにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、どうぞ気軽にトリートメントコーディネーターに声をかけてください。質問や要望をお聞きします。

常に患者さんの立場にたってお話を伺い、安心して治療を受けていくことができるようお手伝いいたします。

患者さんの不利益となることは行いません

将来を見据えた総合的な歯科治療不適切な治療により、将来的にさらなる大掛かりな治療が必要となることがあります。当院では、将来にわたり患者さんにメリットがある治療をします。

たとえば「歯を削る」ということは、やり直しのきかない一生に一度きりの大切なことです。同じ歯を繰り返し5回治療すると抜歯に至るとも言われ、簡単に歯を削ることや再治療を何度も繰り返すことは、結果として歯を失う時期を早めることにもなりかねません。まずは「いかに自分の歯を守るか」、残念ながら治療が必要となった場合は「いかに再治療のリスクを減らすか」を考え、治療の提案をします。

常に私たちが治療やお手伝いをすることで、将来お口の中の状態がよりよくなると判断した治療をします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map