症例集

当サイトで掲載している症例は、すべて私共の医院にて行ったケースです。

総入れ歯でお悩みの方へ ※全顎のインプラント症例はこちらです

審美症例 20代 女性

■主訴 右上下に時々痛みがある

【治療前】
症例
症例

■治療コメント
奥歯に7本のむし歯があり、体のため・審美性のために、金属を使わないメタルフリーのセラミックでの治療を提案しました。

【治療後】
症例

ご本人も「白いものがよい」「金属が見えるのは抵抗がある」というご希望があったのと「長持ちするもので治療したい」という意志がありましたので、ご自身の歯と似た硬さで、残る歯を守り、二次カリエス(治療後に再度むし歯になること)を防止してくれるセラミックでの治療を行いました。

審美症例 30代 男性

■主訴 左下の詰め物が取れた

【治療前】
症例
症例

■治療コメント
当初、なるべく短期間で治療を終えたいとの強い要望がありましたが、原因を排除しないその場しのぎの治療の結果、ほとんどが治療後にまたむし歯になっていることを説明。

【治療後】
症例

「治療を繰り返したくない」「よりよいもので治療したい」とのことでしたので、むし歯の治療はもちろん、より理想的な噛み合わせの再構築のため、治療が必要なすべての歯に同時にセラミックの詰め物・被せ物を行いました。約2か月で治療が完了しました。

矯正・審美・インプラント症例 30代 女性

■主訴 治療途中になっているところがある

【治療前】
症例

■治療コメント
他院にて根管治療を繰り返し行うものの予後が悪く、納得のいく治療に出会うことができないまま、ご自身の歯の将来について不安を抱いておられました。

【インプラント植立後】
症例

【治療後】
症例

「自分に投資するつもりで徹底的に治療したい」とのことでしたので「治療後10年間、歯を抜いたり削ったりする再治療がないお口づくり」をコンセプトに矯正治療とインプラントの上、全体を審美性に考慮したセラミックでの治療を行いました。

インプラント・審美症例 40代 女性

■主訴 左下にインプラントをしたい

【治療前】
症例
症例

■治療コメント
20代の頃からずっと、左下の歯が抜けているところは部分入れ歯を使っていましたが、バネをかけている歯が1本、また1本と抜け落ちていくので不安になり、インプラント治療を考えるようになったそうです。

【治療後】
症例
症例

インプラント治療がどんなものか知っていただくためにも、まず下からインプラント手術を行い、治療を進めながら上の歯の治療についても何度も話し合いを重ね、初診から約1年で治療が完了しました。

インプラント・審美症例 60代 女性

【治療前】
症例症例
症例

■治療コメント
全体の治療が終わり、6年目に入ったところで右上の差し歯部分がぶつけて取れてしまったとのことでお越しになりました。

【治療後】
症例
症例

6年前の治療の記録や一部歯根が吸収していることを踏まえ、抜歯即時インプラント(抜歯したその日にインプラント手術を行う)を行いました。
元々のご自身の歯に帯状の模様があり、追加での治療は難しいものでしたが、結果「ほかの歯に合い、とても自然に仕上がった」と、ご本人も満足している様子でした。

矯正・インプラント・審美症例 30代 男性

■主訴 悪い歯を全部治療し、噛み合わせを治したい。

症例

■治療コメント
実は当院の歯科衛生士のご主人。ずっと強く治療を勧めていたものの、なかなか本人には受け入れてもらえず、右下の歯が痛んできたことをきっかけに、とうとう妻が望む治療をスタート。

症例

症例次へ症例

矯正治療、インプラント、セラミックによる審美治療と、3年間頑張っていただきました。

患者さんのコメントはこちら

矯正・審美・インプラント症例 30代 女性

■主訴 矯正治療をしたい。

【治療前】
症例

■治療コメント
2年前に矯正治療について相談に来られたものの、お子さんがまだ小さいことを理由に断念。自分の歯にとってよりよい方法を考えた末、矯正治療をしたいと再度お越しになりました。

【矯正治療終了後】
症例

症例次へ症例

矯正治療後「この際だから徹底的に治療したい!」とのことで、見通しの立ちづらい歯を抜歯し、セラミックによる審美治療を行いました。近々前歯の矯正治療器具を外し、ホワイトニングをスタートする予定です。

インプラント症例 40代 女性

■主訴 右上の被せ物が取れた。

症例

症例次へ症例

■治療コメント
取れた被せ物の部分4本の根管治療をスタートしたものの状態が悪く、内2本は抜歯を避けられない状態でした。ほかにも奥歯を中心に同様の状態の歯が多く、このままでは歯の治療や抜歯を繰り返すことになるとお話ししました。10~15年以上歯の心配をしなくてもよい、見通しの明るい治療を提案し、納得の上で治療を行いました。

インプラント・ホワイトニング症例 50代 女性

■主訴 20年前にぶつけた前歯が黒ずんできた。

【初診時】
症例

■治療コメント
前歯は色が黒ずんでいるだけでなく、根の状態も悪く、治療後の不安を考えると現時点での抜歯も選択肢の1つであると提案。抜歯とインプラントへの移行については納得の様子でしたが、費用の面で悩んでおられるようでした。他院へ相談したところ、難症例で受けてもらえるところがなく、結果当院へ再度お越しになりました。

【治療後】
症例

症例次へ症例

もともと喫煙の経験があり全体に歯の黄ばみも気になっていたため、あえて歯の色は明るめのものを選択。前歯が入った上でホームホワイトニングをスタートしました。

症例

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map