インプラント治療は残された歯を守ります

インプラント治療失った歯を補うには、インプラントのほかにも入れ歯やブリッジによる治療法があります。しかし、入れ歯はバネをかけている歯に過剰な負担をかけ、ブリッジは支えている歯に負担をかけます。

つまり、残っている自分の歯にかかる負担が増えるため、自分の歯を再び失うリスクが高くなります。この点から、当院ではインプラントをお勧めしています。インプラントは、残った自分の歯を長持ちさせるための治療とも言えます。

インプラントを入れることでよく噛めるようになることはもちろんですが、歯を失うことで残っている歯にかかる噛む力の負担を軽減してくれるのはインプラント治療にしかできないことです。

インプラントは純チタン素材、体に優しい治療法です
体に人工物を埋め込むことに不安があるという方もいらっしゃるかもしれません。しかしインプラントは、体に優しい「チタン素材」を使用しています。チタンは医療分野で幅広く使用されており、骨と一体化する強い親和性があるだけでなく、アレルギー反応も起こさないため安心できる素材です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map