小児矯正

小児矯正「子どもの矯正はまだ早い」と思っていませんか?小児矯正は、見た目よりもお子さんの発育に大きな影響を与えます。上手に噛むことができない、発音がうまくできないといった症状は、年齢とともに自然に治るわけではないこともあります。放置することで、お子さんの体・精神的な成長に悪影響を及ぼします。

確かに、矯正期間中はお子さんに負担となってしまうかもしれません。しかし不正咬合などを放置すると、より大きなデメリットを生涯にわたりお子さんが背負うこととなってしまいます。まずは子どもの歯ならび、噛み合わせの診断はなるべく早い時期に行い、治療について相談なさることをお勧めします。

不正咬合による影響
不正咬合は、直接命に関わるような症状が出るわけではありません。そのため、お子さん自身が不具合を訴えることはありません。親御さんが気づかずに放置することのないよう、お子さんの歯ならびが気になったら一度ご相談ください。

●むし歯、歯周病の原因になりやすい小児矯正
噛み合わせや歯ならびが悪いと、歯ブラシが届きにくくしっかり磨けない箇所ができてきます。特に歯質の弱い小児期には致命的です。

●顎関節症になりやすい
歯ならびが悪いとお子さんはよく噛める歯ばかりを使うようになり、顎の発達が偏ってしまいます。結果的に顎の関節が痛んだり音が鳴ったりといった顎関節症の症状を起こすことがあります。

●発音がしにくくなる(特にタ行、サ行)
タ行やサ行は、歯ならびが悪いと正確に発音できないことがあります。正しい発音ができない場合、お子さんの学校生活に支障をきたすだけでなく、精神的な負担も大きくなりかねません。

●将来の歯科治療が難しくなる
お子さんの矯正治療を見送ってしまうと、将来大きくなってから治療しようと思ってもできないことがあります。時期を逃してしまった場合、抜歯はおろか治療すらできない可能性もあります。

●体にさまざまな悪影響を及ぼす
扁桃腺が腫れやすい、鼻が詰まりやすい、寝起きが悪いなど、噛み合わせが悪いために正常な呼吸ができないお子さんに多くみられる症状が出やすくなります。お口だけでなく、耳鼻科系疾患や全身疾患も症状として現れます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map