保育士 赤間 麻千子(あかま まちこ)

スタッフ紹介【経歴】
1999年 富山女子短大(現:富山短大)幼児教育学科卒業
その後、3年間幼稚園勤務
2011年 中央歯科医院 キッズルームに勤務

【自己紹介】
~いろんなお子さんや親御さんと触れ合うことが魅力~

保育士の赤間です。上市町出身です。

保育士になるきっかけは、たくさん一緒に遊んでくれた幼稚園時代の担任の先生です。楽しい思い出がいっぱいで、保育士さんへの憧れを持つようになりました。それから、ずいぶん経った高校生のころ。進路を考える時に、ふっと幼稚園の先生の事を思い出し、「やっぱり保育士になりたい」という気持ちが強くなり、幼児教育学科の短大に進学することにしました。

卒業後は、幼稚園に数年勤務した後、子育てのため退職しました。
子供の成長とともに再就職を考えたときに、違う業種も候補に挙がりましたが、どうしても保育の仕事に就きたいと思いました。求人には、通常の幼稚園勤務もありましたが、いろんな年齢のお子さんや親御さんと触れ合うことができることに魅力を感じて、当医院に決めました。

勤務場所である2階の「キッズルーム」はおしゃれで可愛いく、子供達はもちろんのこと私自身もワクワクさせてくれます。また、幼少時の予防歯科などの歯科的な知識を学べるのも歯科医院ならではで、実際に親御さんにお伝えすることもあります。預かっているのは、患者さんやスタッフの生後1、2ヵ月~小学低学年の子供達。親御さんの診療の進み具合をみながら、スタッフと連絡取り、不安がないよう保育しています。特に、土曜日は楽しみです。キッズルームのOB・OGであるスタッフの子供達が私を慕って遊びに来てくれるので、日々の成長を感じられる嬉しいひと時です。

これからも、親御さん、お子さんと楽しい時間をお過ごしいただけるよう、努めてまいります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map