むし歯治療

削るべきかどうかの判断と診断を的確に。一度限りのその治療を、真剣かつ慎重に行います。

むし歯治療

当然ながら、歯は削ると二度と元には戻りません。そのため当院では、歯を削る量や範囲を慎重に判断し、治療後の良好な状態を長く維持するにはどのように治療すべきか、1本1本の歯を大切に治療しています。

また、詰め物や被せ物の材料のいくつかは、その材質の影響や患者さんの噛む力などの個々人の特性により治療後のトラブルが起こるリスクが高まるものがあります。材質の特徴やその後のリスクについて十分納得したうえで、治療後の歯を守る配慮をしながら治療に取り組んでいます。

ダイアグノデントの使用

ダイアグノデントダイアグノデントとは、歯質にレーザーをあて、その反射光を読み取って数値と音色に置きかえることにより、むし歯の進行を高精度で調べる方法です。視診・触診やX線などよりも高い確率で初期むし歯を発見することができ、客観的な検査数値により状態を判断することができます。黒くなっているからすべて削る、というわけではありません。

むし歯の進行と治療の流れ

歯科ではむし歯のレベルをCOからC4の5段階に分けて、それぞれの症状と治療法を分けています。

CO(むし歯になる前兆段階)CO
エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態です。「CO」は見た目ではほとんどわからない、むし歯になる前の段階です。この段階で十分にお手入れをすることで、これ以上のむし歯の進行を食い止めることができます。

C1(むし歯の初期状態)C1
エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。 歯の噛み合わせの溝の部分や歯と歯の間に起こりやすく、この時点ではまだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。穴の状態が小さいうちに治療しましょう。

C2(むし歯の中期状態)C2
象牙質までむし歯が進行した状態です。むし歯は柔らかい象牙質の方へ大きく広がります。大きくなると冷たい水や風がしみるようになり、痛みの自覚症状が出てきます。

C3(むし歯の後期状態)C3
歯髄までむし歯が進行した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こして激しい痛みを感じます。 熱い食べ物や飲み物がしみてきて、ズキズキ痛み出します。これを歯髄炎と言います。

C4(むし歯の末期状態)C4
歯の上の部分が崩壊し、歯根だけが残ったむし歯の末期状態です。歯根の先に膿の袋ができた場合、噛んだときに痛みを感じたり歯ぐきが腫れたりすることがあります。 ここまでむし歯が進むと保存することは難しく、歯を抜く場合もあります。

根管治療

「快適な状態を長く保つため」に必要な治療をしっかり行い、長持ちする口腔内環境を作ります。

根管治療むし歯が神経にまで及んで炎症が起きてしまった場合に、その神経を除去して根管内を洗浄するのが根管治療です。治療の手順や通院期間は患者さんの歯の状態によって異なりますが、大きな流れは以下のとおりです。

根管治療の流れ
【STEP1】歯の表面のむし歯部分を、器具を使って除去する
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴を開ける
次へ
【STEP3】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
次へ
【STEP4】根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、ばい菌が入らないように根管を封鎖する
次へ
【STEP5】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を装着する

お口全体の機能を最適化するための咬合治療

咬合治療目先のことだけしか考えていない短絡的な治療は、肩こりや頭痛などの不定愁訴(全身への健康被害を及ぼす)の原因となったり、むし歯の再発リスクを高めたりします。

当院は、その場限りの治療はいたしません。全体の噛み合わせを診断するために、歯型を採り、石膏模型を作り、分析のうえ、全体に配慮した噛み合わせの構築を実現します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map