治療症例集|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

駐車場完備

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00
  • メール相談
  • web予約

キービジュアル

親知らずの移植(自家歯牙移植) の予後不良| 成人矯正(非抜歯)・インプラント・白い詰め物・親知らずの抜歯 | 黒部市 中央歯科医院

2021年01月15日

38才、女性 5年程前に口腔外科で上の左右の親知らずを移植したものの、左上は自然に抜けてしまったとのこと。ブリッジをすると余計に悪くなってしまいそうなので今後の治療を相談したい…という事が来院のキッカケです。

また、左下の親知らずに症状もあり、抜歯を希望していました。

 

自然脱落した左上の移植歯同様、右上についても状態は悪く、今度の見通しが立たないことをお話ししました。移植後の予後が不良であった原因として、実施年齢が適齢期を過ぎている事と不正咬合のまま治療を行うことのリスクを説明しました。

左上は骨がかなり喪失しており、インプラントは困難であるとし、まずは矯正治療を開始しました。

 

 

ブラケット治療と不正咬合の根本の原因となる口腔周囲の筋肉を整える為、Myobraceを併用しました。治療開始から5カ月経過した頃、オトガイと咬筋の過緊張を和らげる目的でボツリヌス菌製剤の投与を行いました。

歯並びだけでなく、筋肉に対するアプローチを始めた事で顔の形が整ってきた自覚があり、毎日鏡を見ることが楽しい様子でした。

 

 

1年半のブラケット治療の後、再検査を行い、両側上顎第一大臼歯へインプラントの埋入を行いました。

銀歯を無くしたいという希望もありました。奥歯を矯正治療後の歯並び咬み合わせに合わせ、セラミックの詰め物へと変更しました。前歯の被せ物はホワイトニングの後、被せ物をしました。

 

 

コロナ渦でマスク生活の中、長期に渡る治療が終わり「綺麗になった口元を自慢出来ない事が残念」と素敵な笑顔でお話しになる様子がとても嬉しそうです。

 

治療期間 2年・治療費用 2,350,000円(税別)

ページを見る

顎関節症を根本から治す |成人矯正(非抜歯)・白い詰め物|黒部市 中央歯科医院

2020年12月28日

47才 女性です。1年半程前からいわゆる顎関節症の症状(顎関節の痛みや口が開きにくい、顎がカクカクする)があり、ナイトガードを使用しておりました。歯並びの異常はわずかですが、咬み合わせの平面に凸凹があり、根本的には矯正治療が必要である事を伝えていました。

 

 

 

次第に症状は悪化し、心療内科にて抗精神薬の処方、耳鼻科にてコステン症候群(耳の痛み)の診断を受けました。経済的不安を理由に治療を踏み出せずにおられた様子でしたが、発熱、顔面や手指麻痺、味覚異常など普段通りの生活が出来なくなり矯正治療を決断されました。

 

 

まずは治療開始の為に顎関節症の症状を和らげる為、マイオブレイスMyobrace(就寝時+日中1時間以上の装着が必要なマウスピース)を始め、1ヶ月後、3Dリンガルアーチ(内側に装着するワイヤー)、ブラケット治療を開始しました。

 

 

1年半のブラケットの治療の後、本人の希望により口腔周囲筋の影響を受けづらいアライナー治療へ移行することとなりました。

約6カ月のアライナー治療の上、矯正治療前に治療した詰め物を現状の咬み合わせに合わせる為の再治療を行いました。

 

 

 

補綴治療(セラミックの詰め物)をした後、約1ヶ月のアライナー治療によって咬み合わせを整え、治療終了です。今ではすっかり元気になり「あんな苦しいい思いは忘れられない…」と当時を振り返ります。矯正治療前に通っていた膝や腰の痛みに対する治療も今では必要なくなり、矯正治療をすることで健康への投資が少なくなったと喜んでいらっしゃいました。

治療期間 ブラケット治療 18カ月 アライナー治療 7ヵ月 ・ 治療費用 1,700,000円(税別)

ページを見る

上唇付着異常 | 上唇小帯切除・マウスピース矯正 | 黒部市 中央歯科医院

2020年09月23日

7才からマウスピース矯正をスタートした男の子です。

2年間を目安にマウスピースを使用しながら、不正咬合の根本の原因である口腔周囲筋肉の使い方の改善を目的としたトレーニング(MFT)を行います。

治療を終える前、9才の春休みに経過観察中だった「上唇小帯付着異常」の改善のための処置を行いました。

本来ならば成長と共に歯列から離れていく「上唇小帯」が上の前歯の歯と歯の間に入り込み、隙間が閉じません。隙間があることがある時期においては異常ではないのですが、彼の場合は状況からみてそろそろを処置を実施することを提案しました。処置後のケアが必要ですので相談の上、長期休暇中に行うことになりました。

 

 

 

 

上唇小帯は上唇の上側に付いている紐のことです。他の小帯とは違い骨にしっかりと繊維が張り付いており、局所麻酔をした上でその繊維を剥ぐ必要があります。

処置中も後も痛みはないのですが、処置に5分程時間がかかるため本人の理解と協力がなければ出来ません。

親御さんの協力もあり、とても上手に処置をすることが出来ました。処置後はそれまでと変わらずマウスピース矯正を継続したことで綺麗に隙間のない状態に歯が並びました。

 

同時期に11才のお姉さんも「上唇小帯切除」を行いました。同じようにマウスピース矯正中でわずかではありましたが上の前歯の隙間が改善されず、経過を診ていました。

2年間の治療を終える前に処置の提案をし、弟と一緒に実施しました。

上唇小帯の付き方に異常があることによる問題は見た目だけではありません。

唇の動きに合わせて可動する「小帯」と可動しない「歯肉」では組成が異なり、小帯は炎症に弱く歯牙の近くにある組織としては管理にくい組織と言えます。そのままの状態でいると上の前歯の歯肉がいつも赤くジュクジュクし、口元の印象も悪くなってしまいます。

成長の様子を見守りながら本人にとって良きタイミングで処置を検討すべき異常といえるでしょう。

治療回数 1回 ・ 治療費用 保険適応

 

 

 

 

ページを見る

永久歯がなかなか生えない |開窓術 | 富山市 中央歯科医院

2020年09月23日

2才9カ月から定期的に通院していた男の子の症例です。

8才で上の乳前歯が抜けた後、半年待っても永久歯が生えてこないことを心配し、親御さんから相談がありました。

上顎の歯肉は下と比べて厚く、タイミングを逃すと萌出に時間がかかることがあります。

永久歯は萌出すべき時期を過ぎると生えてこられないこともあり、適当な時期に手助け必要なことがあります。

レントゲン写真を撮影し、萌出が遅れている原因が他にないことを確認した上で外科的に永久歯を出す処置(開窓術)を行いました。

治療後の写真は処置から2ヵ月経過したところです。

治療回数 1回 ・ 治療費用 保険適応

 

 

 

 

ページを見る

口腔容積を拡げる | 成人矯正(非抜歯)・インプラント・白い被せ物と詰め物 | 魚津市 中央歯科医院

2020年09月16日

59才 女性。これまで子育てに追われ、自分の歯科治療にかけるお金も時間も余裕が無かったそう…今回は矯正治療も含めた全体的な治療を考えているということでした。人前に立つ事が多いので銀歯を無くしたいという希望もありました。

「せっかく治療すると決めたからには…」と「良くなる為に必要な事は何でも提案してほしい」と前向きな姿勢で取り組んで下さいました。

音楽関係のお仕事なので、治療によってもたらされた身体の変化にはいち早く気づいていらっしゃるようでした。「無理なく美しい声の発声が出来るようになり、生徒の前で自信を持って大きな口を開けられるようになった」と笑顔でお話しになります。

矯正治療と改善した歯列に合わせ、インプラントを含む補綴治療(被せ物や詰め物)をした事で口腔容積が拡大した事が呼吸や発声に良い影響をもたらしたと考えます。

この方にとって口腔内は単なる身体機能の一部を超えて「楽器」とも言えます。自慢の「楽器」を奏で、活躍する姿を拝見する度に私達も大変嬉しくなります。

 

治療期間 1年9カ月 ・治療費用 1,950,000円(税別)

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

予知性を考えた追加治療 | インプラント・矯正治療 | 魚津市 中央歯科医院

2020年03月18日

54才、女性。当院にて全顎治療を行ったものの、つぎはぎの再治療を行ってきました。
最初の治療から10年が経った頃、奥歯に数本抜歯が必要になった事を機会に現状と今後の見通しを考えた治療について話し合いました。
上顎については不確かな歯が多く、今後も再治療に追われることを回避する為に残存歯は全て抜去し、既存のインプラント(3本)と追加したインプラント(5本)を連結させて14本分の補綴を行うことになりました。一旦、仮歯が入った状態で現状について改めて診断を行い、治療計画を見直しました。
結果、両方の下の奥歯に入っていたインプラント上部構造についても都度追加治療してきたことで生じた咬合の傾きを改善する為に被せ直すことになりました。他、下の前歯部の歯列の改善についても対応することになりました。3ヵ月の矯正治療の後、最終補綴治療を行い治療完了です。
口元や顔の印象が若返り、一層素敵になられたと感じております。加齢と共に上下の顎の距離が失われると顔が極端に老けた印象になってしまいます。下顔面をコントロール出来るのは歯科治療によってのみです。
ご本人は何よりも咬み合わせが良くなったと実感出来ることに喜びを感じておられ、治療完了後ついつい食べ過ぎて太ってしまった嬉しそうに報告して下さいました。

治療期間 1年6カ月 ・治療費用 7,667,000円(税別)

 

 

 

 

ページを見る

ボロボロの歯の治療 | インプラント・歯科恐怖症・静脈内鎮静法 | 富山市 中央歯科医院

2020年03月13日

53才、男性。歯科恐怖症の為、長年歯科医院に行っておらず口の中はボロボロに…治療を想像するだけで気分が悪くなり、歯科治療に向き合うことが出来ません。静脈内鎮静法を行えば克服出来るのでは…と、まずは治療方法について話し合いました。
心的負担が少ない治療から行い、歯科治療に慣れるよう様子を伺い、患者さんと我々との歩幅を合わせながら慎重に治療を開始しました。
全体の治療費用の圧縮と治療後のリスクを考え、上は8本、下は6本のインプラントで上下28本の補綴を行いました。インプラント手術の際には不安感や恐怖心を和らげる目的で麻酔科医の立会いの下、静脈内鎮静法を行いました。
初めの1ヵ月は初期治療と治療カウンセリングを行い、治療開始から7ヵ月で仮歯が入り、日常の生活を不便なく過ごせるレベルまで回復しました。その後、9カ月間歯肉と咬合状態の経過観察をし、最終補綴を行いました。
歯科治療を行うことで審美性と機能回復したことは言うまでもありません。今では院長と歯のことや呼吸について談笑しながらクリーニングに通う様子は恐怖心と不安で押しつぶされそうな初診時とはまるで別人です。

治療期間 1年7カ月(うち経過観察期間9カ月)・治療総額 13,060,000円(税別)

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

重度の歯周病 |入れ歯の治療 | 魚津市 中央歯科医院

2018年06月20日

67才、男性、魚津市在住の患者さんです。
歯が自然に抜け落ち、5年前に作った部分入れ歯が使えなくなり食事が出来ないと困っている様子でした。
院長ブログ「元気なうちに歯の治療を」2016年8月17日更新 をご覧になり、自分もそろそろ総入れ歯の時期かもしれないと考えての来院です。
残存歯全てが重度の歯周病で歯のグラつきも酷く、自覚は十分出来るまで病気は進行しているとはいえ、18本全ての歯を抜いて総入れ歯にすることを自ら覚悟するとは…なかなか出来ないことです。

安定した入れ歯を作る為に、重要な「骨」をより多く残す為には「骨」を失う原因である歯周病と決別する必要があります。ここまで歯周病が進行すると、歯がある限り病気との決別は難しく、「抜歯」が必要であること伝えしました。「抜歯」について十分理解した上、5回に分けて18本、全ての歯を抜歯しました。
抜歯した歯を確認すると歯根の先の方まで歯石がびっしり…特に驚いたはつい2~3年前に被せ物をした歯でさえそのような状況であったことに本人もかなり驚いている様子でした。歯をなるべく抜かずに残す治療をしてきたものの、結果、重度の歯周病で骨が失われ、その後の治療に影響するような状態では本当にその選択が良かったのか…疑問が残ります。

抜歯から3週経ち、傷口が落ち着いた状態で総入れ歯の作製をスタートしました。
治療中大変なこともありましたし、初めての入れ歯に戸惑いもあったようですが、本人の希望通り、元気なうちに歯の治療が出来たことと、歯について不安を抱えたまま余生を過ごさずに済んだことに安心されたようです。

治療期間 3ヶ月・全て保険診療

 

ページを見る

過蓋咬合の治療 | 小児矯正 | 朝日町 中央歯科医院

2018年06月1日

朝日町在住、8才の男の子です。

「過蓋咬合」咬むと下の歯が上の歯に覆われ見えないくらい深い咬み合わせです。これは歯だけの問題ではなく、下顎が後ろ側へ押しやれている為、健康被害も心配です。気道が狭くなり、呼吸が浅い為、一般的な歯科治療も彼にとっては必死の様子です。

親として、子ども自身が持っている最大限の成長を促し見守りたいと願う方は多いはず…「過蓋咬合」という異常はその成長を妨げる医療者としてはまず救ってあげたい大きな問題です。

苦しみながら歯科治療を受ける息子の姿に後押しされ矯正治療を決断。6ヶ月で深い咬み合わせがほぼ改善しました。他にまだ改善すべき課題は多くありますが、一先ず解決すべき「最悪の事態」は脱したと考えております。

治療開始より6ヶ月後の経過・治療総額 450,000円(今後予定している治療も含めた費用)

 

ページを見る

方向性の転換 |インプラント・入れ歯治療 | 魚津市 中央歯科医院

2018年06月1日

73才、男性、魚津市在住の患者さんです。

既に10年以上のお付き合いの中で奥歯を中心に数本インプラント治療を選択してこられました。最初に入れたインプラントが11年目を迎えた検診の際、これまでの治療を共に振り返りました。

これまで、元々の咬み合わせの問題に対処することなく欠損部にのみ治療を繰り返してきました。都度行ってきた局所的な治療と経年的な奥歯の擦り減りによる前歯のフレアアウト(上の前歯が口の外側に放り出されること)が起こり、結果的には元々の咬み合わせの問題が更に深刻なものとなり、その咬み合わせの問題から歯を支える骨が一部極度に喪失していることも確認出来ます。このまま放置をすると上下の歯において互いの力関係で弱い方の歯が早くに脱落し、最終的に10本前後の歯は残るものの、上下で咬み合うところはないという最悪の状況になると説明しました。

この患者さんに必要なのは「咬合再建」です。

インプラントか入れ歯の治療でお口全体の咬み合わせを整える必要があります。相談の上、インプラントは追加せず、上だけ総入れ歯に移行することになりました。これまでの治療の結果と本人の早い決断が功を奏し、入れ歯とはいえ普段の食事には支障のない想像以上の出来に仕上がりました。「煎餅などの硬いものでも何でも咬めて不思議なくらい…」と大満足の様子です。

治療期間 3週間・全て保険診療

 

 

 

 

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00

※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る