治療症例集|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

駐車場完備

診療時間
09:00~15:00

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

  • 24時間WEB予約

キービジュアル

034 でこぼこの歯ならび・不正咬合・マウスピース矯正|非抜歯のための小児矯正治療|魚津市 中央歯科医院

2024年01月5日

6才(小学1年生)の女の子です。

かかりつけの歯科医院にて歯並びを相談したところ、10歳頃から治療と言われたそうです。当院HPを見て、早めに治療することで永久歯を抜かずに矯正治療が出来るならと相談に来られました。

 

「非抜歯のための小児矯正治療」を行うなら「今」が最も良いタイミングであることを伝え、治療を進めることとなりました。

6才(小学1年生)の「今」治療を行うことのメリットは2つあります。

【メリット1】上の前歯が永久歯へと生え変わるこの時期は、顔の中心(中顔面)に影響を与える切歯骨(上の前歯が生える骨)の成長が盛んな時時期です。成長を促すような働きかけをすることにより、その子の持つ成長力を発揮することができ、口腔だけでなく顔貌が整うことが期待できます。

【メリット2】小学校入学はお子さんの社会性が育まれる最高のタイミングと言えます。家庭内で治療に関するルールを決め、理解を深めながら進めることの出来るこの時期は、最も本人の協力が得られやすい時期とも言えるでしょう。

 

 

マウスピース治療開始から2年。

更に咬み合わせの基準となる6才臼歯の関係を改善するため、上顎に3Dリンガルアーチを入れ1年間の治療後、矯正治療を終了しました。

3Dリンガルアーチに抵抗があるお子さんが多い中「習い事が一緒の子も同じワイヤーを入れている」と前向きに治療を受け入れてくれました。また、矯正期間中に妹が生まれ、生活に大きな変化がある中でも約束通りに器具を使ってくれた結果、とても美しい口元へと変化しました。

 

治療完了時、まだ7番目の歯(12才臼歯)は生えていません。

従来の治療の考え方においては矯正器具を装着したまま7番目の歯(12才臼歯)が生えるのを待つことになるのですが、矯正治療期間が長期化するでの本人や家族への負担を軽減する為、一旦治療を終えることを提案しました。

今後7番目の歯(12才臼歯)の生え方によっては良好な状態が維持出来なくなる可能性もあります。

今後の経過も気を付けてみていきましょう。

 

治療期間4年4か月

費用450,000円(税別)

 

ページを見る

033 過蓋咬合の治療 |非抜歯のための小児矯正|魚津市 中央歯科医院

2023年12月16日

5才(年中)の女の子です。

1才の頃から定期的にムシバ予防の為のフッ素塗布にて診察を行っていました。

 

いつもの定期受診の際に、過蓋咬合(咬み合わせが深いこと)とその弊害についてお話したところ、マウスピース矯正を行うこととなりました。

当院では「非抜歯の為の小児矯正」としてのマウスピースの使用は6~8才が最適な時期としていますが、このケースにおいては身体的な成長が早く、永久歯への交換時期も早い為、少し早めに治療を開始することにしました。

マウスピース使用から2年経過した写真です。

咬み合わせが深い状態が改善し、下の前歯がよく見えるようになっています。

口腔は呼吸により酸素を取り込む入口です。

咬み合わせが深い状態(Deep Bite)はその入口の天井が低い状態です。

酸素の取り込み量が少ないことがあらゆる身体の不調の原因になると言われています。朝の寝起きが悪い、いつもボーッとしている、あくびが多い、頭痛などの「不定愁訴」と呼ばれる症状です。

マウスピース使用後の状態は広々とした口腔が確保出来ており、お子さんの呼吸環境としては望ましい状態と言えるでしょう。

 

治療開始から2年経過したところで治療の経過と現状の問題点を共有する為の時間(治療計画カウンセリング)を設けました。

過蓋咬合(咬み合わせが深い)ことは改善しいますが、咬み合わせの基準となる6才臼歯の上下の関係に一部ズレがある為、3Dリンガルアーチを用い治療を行うことを提案し、進めることになりました。

 

 

12才臼歯を除く24本の永久歯が生え揃い、咬み合わせが整っていることで「非抜歯のための小児矯正治療」は終了です。ここまでの生え変わりが小学生3年生で終わるという驚きのスピードです。

いつも診療の間にお話しすると学校での勉強や習い事を頑張っているお話をたくさんしてくれるお子さんです。これからも頑張ってね!

治療期間4年5ヶ月

費用450,000円(税別)

 

 

ページを見る

032 出っ歯・不正咬合・マウスピース矯正|非抜歯のための小児矯正治療|中央歯科医院

2023年12月16日

10才(小学校5年生)の女の子です。

かかりつけの歯科医院で歯並びについて相談したものの、乳歯がある状態ではまだ治療は早いと言われ当院に相談に来られました。上下左右第二乳臼歯が4本残っています。

 

 

かかりつけの先生の考え方は「永久歯への交換が済んでから永久歯を4本抜歯してブラケット矯正を行う」方法であることを伝えると、想定外の展開が待っていることを知り「え…永久歯を抜歯するのを待っているということですか?」と本人も母親も驚いています。

 

母親からは「今出来ることがあるならすぐしたい」「完璧な状態でなくてもいいから、せめて永久歯を抜かずに今後の人生を自信持って歩んでいけるような状態にしてやりたい…」との希望を伺い、「非抜歯のための小児矯正治療」を提案しました。マウスピースと上顎にワイヤーを装着する治療です。

歯ならびの問題もありますが、上下の顎の位置のズレが大きく、片側で7㎜程度あります。

当院「永久歯を抜かない」矯正治療の考え方においては、乳歯があるうちに顎の位置のズレを改善することで非抜歯が実現します。このケースの場合は年齢的に望ましい治療開始時期より3~4年遅れています。

 

通常、就寝時と日中1~2時間の装着を基本としましが、ちょうど夏休み前に治療を始めたこともあり夏休み中はほぼ1日中器具を装着してくれました。

 

 

本人や家族の頑張りの甲斐もあり、治療開始から約1年後、上下の顎の位置のズレは改善し永久歯を抜かずに歯列を整えることが出来る状態となりました。

 

治療開始時と治療開始から3年程経過した頃との比較写真です。

 

 

治療の余地はまだあるものの、治療開始時の目標は達している為、治療終了としました。

 

親御さんとしては小学校高学年~中学生という子供の成長にとって難しい時期に目立つ矯正器具を使用せずにこのような結果が得られたことに満足のようです。

高校生になった今、部活動に勉学に励む様子は親が願ったよう自信に満ち溢れ、将来の夢である「パイロット」を目指して日々頑張っているようそうです。

治療期間3年5ヶ月

費用450,000円(税別)

ページを見る

030下顎フルインプラント|インプラント・総義歯|魚津市 中央歯科医院

2023年09月22日

60代、女性。

物が食べられないので何とかしたい…と相談にお越しになりました。

 

 

初めて義歯を作ったのは3~4年前。

他院にて歯周病の為5~6本抜歯後、入れ歯を作成したものの、上の入れ歯は使えず、下の入れ歯だけを何とか使っていたそうです。入れ歯が不安定で何とかしたいと相談しても残っている歯も歯周病だから仕方がないと言われ、この先どうしたらよいかとても不安になり、インプラント治療を考えるようになったとのことです。

「孫と焼き肉を一緒に食べたい…」と呟く様子が切実でした。

 

 

手術までのスケジュールは次の通りです。

【1日目】パノラマレントゲン写真撮影

【2日目】咬合診断(精密検査)診断用レントゲン写真・口腔内スキャン

【3日目】治療説明

【4日目】インプラント手術時、残存歯抜歯(所要時間 2時間)

 

手術から1カ月後、インプラント上部構造を作製する為の準備を開始しました。

【手順1】口腔内スキャン

【手順2】インプラント位置関係の確認

【手順3】咬合の確認

【手順4】完成

 

【治療前】

【治療後】

 

オーラルフレイル(口腔機能の衰え)は多面的フレイルの「負の連鎖」の始まりとも言われます。

「咬めない」ことが食事内容の偏りや低栄養の原因となり、「口元に自信がない」ことで社会との繋がりを拒むようになります。

いつまでも健康的でいきいきと人生を送る為の「歯」の役割は、想像以上なのかもしれません…

 

治療期間4か月

費用6,450,000円(税別)

ページを見る

029開咬・でこぼこの歯並び|アライナー治療|黒部市 中央歯科医院

2023年08月28日

30代、女性。

検診希望と親知らずと歯並びについて相談の為、お越しになりました。

前歯が咬み合わない「開咬」という状態です。

 

 

この「開咬」の方は前歯が咬み合わず、奥歯に過剰な負担がかかることで早期に歯や歯周組織が壊れ、まだ20代後半にも関わらず奥歯を1本以上失っている方も少なくありません。幸い、現時点で歯や歯ぐきに大きな問題はなく、これからも健康な状態を維持するための「矯正治療」と「親知らずの抜歯」を提案しました。

 

「矯正治療」はまず、叢生(歯並びの凸凹)の解消と顎位の左右差の改善を目的として「3Dリンガルアーチ」を用いた治療から開始しました。

 

 

治療開始から11ヶ月後、叢生(歯並びの凸凹)が改善し、咬み合わせの基準となる奥歯の関係が正常になったことを確認し「アライナー治療」へと移行しました。

 

 

アライナー治療開始から約1年6ヵ月、矯正治療を終了しました。

 

 

 

~治療終了時、矯正治療を振り返り感想を伺いました~

昔から歯並びのことは気になっていたものの、長期間の通院や費用などの心配や不安が先に立ち、治療を決断出来ずにいました…

今回治療を決意した要因の一つに「アライナー治療」の提案です。

 

従来の「ブラケット治療」は見た目の抵抗があり、経験者の友人から歯磨きの大変さなど苦労話を聞き、あまり良いイメージがありませんでした。そして何よりも「痛そう」な印象が嫌でした…(笑)

「アライナー治療」中、心配していた痛みはなく、アライナーは自分で着脱が出来ますので歯磨きの大変さは感じませんでしたが、外食の時、食事の前後に席を外してのアライナーの着脱は大変でした。

 

長期間の通院については「オンライン診療」が便利でよく利用しました。

医院を受診する「対面診療」の場合は全日の休暇が必要になりますが、「オンライン診療」の場合はスキマ時間で自宅で受診することが出来ます。初めてのオンライン診療でしたが、CLINICSというアプリを使ってビデオ通話感覚で簡単に行うことが出来ました。

口元の見た目がとても良くなったことは実感しています。まだマスクをしていることが多く、周りから指摘されることはありませんが(笑)自分では綺麗になったと満足しています。

 

「アライナー治療」はこれまで矯正器具の見た目が気になって治療出来ずにいた方々にとって魅力的な選択肢となっています。矯正器具の着脱が可能であることや、ご自身で治療を進める治療方法の為、成功の鍵となるのは「自己管理」です。

 

治療期間 2年8ヵ月・治療費用 ¥1,060,000(税別)

ページを見る

028出っ歯・12才臼歯未萌出|外科的挺出・アライナー治療|黒部市 中央歯科医院

2022年10月25日

13才、男の子です。

「マウスピースの矯正治療で出っ歯を治したい」と、既に他2件の歯科医院で相談した上で、当院にお越しになりました。

歯の掃除の為に通っていたかかりつけの歯科医院で矯正治療について相談したところ、矯正専門医を紹介され、矯正専門医では出っ歯を治す為には抜歯が必要と診断されたそうです。

 

当院では、まず右上の12才臼歯が生えていないことが今のお子さんにとって最大の問題であることをお話ししました。歯は適正な萌出時期(永久歯が生える適齢期)を逃すと生えずに骨内に埋まったままになってしまうことがあります。更に、咬み合わせの下の12才臼歯は咬みあう歯が無い為、上に伸びあがってしまい、いわゆる顎関節症の原因になってしまいます。

13才という年齢から考え、早急に12才臼歯を出す(外科的挺出)を行うことを提案しました。

 

 

患者は中学生とはいえ、熱心に野球に取り組むアスリートです。

 

当院では、身体能力の向上ならびに呼吸環境の改善の点から、非抜歯(永久歯を抜かずに)矯正を提案しました。アライナー治療を行う前にはMFT(口腔周囲筋機能療法)を目的としたマウスピース治療を行いました。

 

マウスピース治療(Myobrace)開始から3ヵ月後にはご家族から「口元が良い感じになってきた」と既に変化を実感している様子で忙しい野球の練習の合間を縫って頑張って装置を使ってくれました。

 

アライナー治療開始から約1年、治療が終わる前に下の親知らずの抜歯を行いました。

中学3年という受験生でありながら、矯正治療や親知らずの抜歯は大変だったことと思います。

県外の高校に進学する予定になっていた為、親元にいるうちに…とのご家族と本人の強いご希望から何とか高校入学までに治療完了することが出来ました。

 

 

近頃、永久歯が自然に生え揃わないケースをよく見掛けます。

 

「永久歯が生えてこない」のは、虫歯を予防するとか歯並びをよくするとかそれ以前の問題です。歯科治療は、今、重要な問題は何かよく整理し、優先順位を考え治療に取り組む必要があると言えるでしょう。

 

治療期間 1年3ヵ月 ・ 治療費用 ¥910,000(税別)

ページを見る

027八重歯|アライナー治療・フルジルコニア冠|富山市 中央歯科医院

2022年10月25日

25才、男性です。

左下の奥歯が欠け、虫歯になっていることに気付いたとのことでお越しになりました。

既に虫歯が神経に達しており、神経を取る治療(根管治療)が必要になりました。虫歯の治療がひと段落した頃(根管治療を終え、被せる治療を行う前に)虫歯が出来た根本の原因についてお話しをしました。

 

 

 

ご自身にとっては突如現れた虫歯…かもしれませんが、実は突然の出来事ではなく、必然の結果であることをお話ししました。

右上の1本歯の列から外に飛び出した糸切り歯(いわゆる八重歯)…たった1本のことですが、この糸切り歯の役割は特に重要で、お口全体に多大な影響を与えます。

矯正治療と親不知の抜歯の必要性を説明しました。

 

アライナー治療開始から7ヵ月が経過した頃、仕事の都合で県外へ引っ越しすることになりました。

これまでは月に1度経過観察の為、通院しておられましたが、引っ越し先は当院から3時間以上かかり、これまでのような通院は難しくなりました。

引っ越し後はオンライン診療を組み合わせ、なんとか治療完了まで続けることが出来ました。

 

 

成人になって初めての虫歯治療で初めての根管治療…驚きとショックの中で、冷静によく矯正治療を決断されたと思います。もっとはやく矯正治療しておかれたら…という思いもありますが、これ以上虫歯や根管治療など歯並び咬み合わせに問題を抱えたまま治療を続けることで治療箇所が多数になってからの治療は大変です。過去を悔やんでも仕方がないことです。

今の自分にとって最小限の被害のうちに前向きな治療を考えましょう。

 

治療期間 2年 ・ 治療費用 ¥920,000(税別)

ページを見る

026すきっ歯・口ゴボ |アライナー矯正|黒部市 中央歯科医院

2022年10月21日

11才の女の子です。

口元が前に出ていることが気になるとの相談でした。

母親から「実は…」と、当院を受診するに至るまでの経緯をお話しになりました。

小さい頃から通院していた「かかりつけ医」に相談し、手に負えないとのことで紹介された「矯正専門医」でも「今は治療出来ない」と言われたそうです。歯並びのせいか、滑舌が悪く、聞き直すことも多い為、「今すぐ何か出来ることがあればしたいのに…」と、落ち込んでいる様子でした。

 

 

 

今の状態を治すことは簡単で、それより重要なのは歯並び・咬み合わせを作る「舌」を治すことだとお話しました。「舌」が歯ならび・咬み合わせを決めていると言っても良いほど矯正治療にとって「舌」の在り方は重要です。

筋肉の使い方を学習し、改善することは決して簡単なことではありません。

とはいえ、「舌」に対するアプローチがなく治療を進めることのリスクをお話し、まずは口の周りの筋肉の使い方を学習する為の治療「MFT(口腔周囲筋機能療法)」を開始しました。

MFT開始から2カ月後、アライナー治療を開始。

アライナー治療開始から約2年半 本人・ご家族が満足出来る仕上がりになりました。

 

 

 

治療が進み、口元がキレイになっていくに従い、本人の表情は明るくなり、学校や部活動のことを楽しそうに話してくれる様子が印象的でこちらも嬉しくなりました。

小学6年生から中学3年生という多感な時期ということもあり、目立たない「アライナー治療」を選択した彼女。本人や家族の協力無くして矯正治療、特に「アライナー治療」は成功しません。

今後は治療後の状態が維持出来るようサポートしていきます。

治療期間 約3年・治療費用 ¥860,000(税別)

ページを見る

025正中離開(すきっ歯)|アライナー矯正・白い詰め物・白い被せ物・ジルコニア|魚津市

2022年09月21日

41才、女性です。

歯科検診で虫歯を指摘されたことを理由にお越しになりました。

既に奥歯7本を虫歯治療している原因が咬み合わせにあることをお話ししました。

 

 

虫歯治療を行った場合、咬み合わせが良い状態で行った場合とそうでない状態で行った場合とでは「治療後の良好な状態を維持出来る期間」が異なります。

もちろん治療の仕上りや結果にも差が出てしまいますが、患者さんの多くが望む「長持ちする治療」とは違う結果になってしまうことが殆どです。

アライナーによる矯正治療(治療期間 1年5カ月)を行い、概ね問題が解決した状態で補綴治療(白い被せ物・白い被せ物を口腔内全体を同時に入れる)をし、咬合再構成(オーラルリハビリテーション)を行います。そして更に咬み合わせを整えるための仕上げの矯正治療(治療期間 3ヵ月)を行います。

 

 

治療を開始した頃は育児休暇中で4カ月のお子さんを連れての通院、途中からは職場復帰と大変な様子でしたが、アライナー治療期間中はオンライン治療やLINEでの相談を交えながら治療ゴールまで辿り着くことが出来たことをスタッフ一同大変嬉しく感じています。ご本人も仕上りに満足していると素敵な笑顔でお話ししてくださいました。

今後はこの美しい口元を維持する為、これからもサポートしていきます。

治療期間 約2年 ・ 治療総額 1,400,000円(税別)

 

ページを見る

024若年性歯周病(侵襲性歯周病治療)|短期集中型歯周病治療|魚津市 中央歯科医院

2021年03月17日

32才女性です。里帰り出産の為、帰省中に来院した方です。

歯を磨いた時の出血が最近悪化している気がして…と治療期間も限られているので治療が可能なのか相談の為、お越しになりました。

 

 

 

歯周検査の結果、9割近くの部位に歯肉から出血があり、歯槽骨の喪失から歯周ポケットが4mm以上の部位が6割以上あります。

年齢から考えて重症と言えるこの状況に「なんとかなりますか…?」と全く自覚症状が無いだけに本人も大変驚いた様子です。

「沈黙の病」とも言われる「歯周病」は症状のないまま進行します。歯が動揺し、痛くて咬めなくなるまで自覚症状はありません。ここまで重症化した原因としては口腔内の衛生管理が不良であることとと不正咬合(歯並び咬み合わせが悪いこと)が考えられます。

産後1ヶ月と子育てが忙しい時期に治療が出来るか…こんなに悪いのに本当によくなるのか…といくつかの不安要素はあったようですが、「自分の子供に感染させたくない!」と治療を決断されました。

本来両方の問題へのアプローチが必要ですが、通院可能な期間が限られていた為矯正治療は諦め、確実な治療成果を出す為の短期集中型の歯周治療(自由診療)を行いました。

 

治療開始から約1ヶ月…出血も歯周ポケットが4mm以上の部位も1割以下まで改善しました。

初めは無関心だった歯周病についてもご自身で色々と勉強し、危険な状態にあったことを再認識したそうです。家族からは実はこれまでずさんな手入れだったことが心配だったと言われ、これから子供の歯が生えてくるこの時期に母親として歯科に興味関心を持つことが出来、良かったとお話しになりました。

治療期間 4週間(通院回数 6回)・治療費用 255,000円(税別)

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

診療時間
09:00~15:00

★:オペ日
※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る