歯ならび・噛み合わせが悪くなる根本の原因に配慮した矯正治療

歯列不正になった根本の原因を改善するための治療を提案します。

矯正歯科

装置で強制的に歯の並びをよくすること以上に、心身の健康のためには、その状態となった根本の原因を解決し、良好な口腔周囲環境を整えることが重要と考えます。これは、治療後の状態を長く維持することにもつながります。

ただ並べるだけ、ただキレイにするだけの矯正治療から、心身の健康を考えた矯正治療をしませんか?

<矯正治療が必要な理由>
・むし歯や歯周病になりやすい
・滑舌が悪く、発音に影響することがある
・食べにくいため、消化不良になることがある
・顎の骨の発育が正常に進まないことがある(子どもの場合)
・全身のバランスが悪く、頭痛や肩こりなどを引き起こしやすい
・大きな口を開けて笑えないなどのストレスがある

矯正治療の流れ

【STEP1】カウンセリング矯正治療の流れ
ご自身の歯ならびや噛み合わせについて、治療コーディネーターが気になっていることやお持ちの不安・疑問についてお聞きします。

次へ
【STEP2】各種検査矯正治療の流れ
治療に入る前に口腔内の検査を行います。口腔内模型・レントゲン撮影などの資料採りをします。

次へ
【STEP3】診断矯正治療の流れ
検査結果から得られた診断をもとに、矯正治療の流れや使用器具、治療期間・費用について患者さんにご説明いたします。患者さんの意向に沿った十分なインフォームド・コンセントを行います。

次へ
【STEP4】装置装着矯正治療の流れ
矯正装置を装着します。歯科衛生士より歯磨きの指導がありますので、指導に従った歯磨きを毎日行うようにしてください。

次へ
【STEP5】装置装着期間中矯正治療の流れ
個人差もありますが、治療期間中は月に一度を目安にお越しいただき、治療経過を確認します。装着期間については、治療内容や各々の歯の移動スピードによって異なります。

次へ
【STEP6】保定(リテーナー)矯正治療の流れ
計画どおりの位置に歯が移動したら治療は終了です。ただし、治療後の歯の位置を安定させるために保定装置(リテーナー)を使用します。その後も約1~2年間は3~6か月ごとに、治療後の経過を見せていただくことをお勧めします。
 

マウスピース矯正について

マウスピース矯正当院では、歯列不正となった根本原因を改善することを目的としたマウスピース矯正をお勧めしています。マウスピース矯正とは、弾性のあるシリコンウレタンなどを使用した上下一体型の装置を使用する、日本人歯科医師が日本人のために開発した矯正方法です。幅広い症例に対応可能です。

器具を使って歯を並べること以上に重要なのは、治療後の良好な状態を長く持続させることです。

痛みが少なく使いやすいため、特にお子さんの矯正に最適です。歯ならびが悪くなる前に使用する予防矯正としてもお勧めしています。また、ブラケットのように終日装着する必要がなく、食事中は外すことができます。就寝中と日中の数時間の装着でも効果があります。

マウスピース矯正の3つの特徴
●シリコンウレタンなどの柔らかい素材を使用しているため、装着時の痛みがほとんどありません。また、弾性があるため壊れにくいという面もあります。

●面倒な型採りは不要です。また、熱を加えると変形するため調整が簡単です。

●取り外し可能なため、口腔内の衛生状態をいつも清潔に保つことができます。場合によっては、ブラケット等と組み合わせたハイブリッド治療も可能です。

小児矯正

小児矯正「子どもの矯正はまだ早い」と思っていませんか?小児矯正は、見た目よりもお子さんの発育に大きな影響を与えます。上手に噛むことができない、発音がうまくできないといった症状は、年齢とともに自然に治るわけではないこともあります。放置することで、お子さんの体・精神的な成長に悪影響を及ぼします。

確かに、矯正期間中はお子さんに負担となってしまうかもしれません。しかし不正咬合などを放置すると、より大きなデメリットを生涯にわたりお子さんが背負うこととなってしまいます。まずは子どもの歯ならび、噛み合わせの診断はなるべく早い時期に行い、治療について相談なさることをお勧めします。

不正咬合による影響
不正咬合は、直接命に関わるような症状が出るわけではありません。そのため、お子さん自身が不具合を訴えることはありません。親御さんが気づかずに放置することのないよう、お子さんの歯ならびが気になったら一度ご相談ください。

●むし歯、歯周病の原因になりやすい小児矯正
噛み合わせや歯ならびが悪いと、歯ブラシが届きにくくしっかり磨けない箇所ができてきます。特に歯質の弱い小児期には致命的です。

●顎関節症になりやすい
歯ならびが悪いとお子さんはよく噛める歯ばかりを使うようになり、顎の発達が偏ってしまいます。結果的に顎の関節が痛んだり音が鳴ったりといった顎関節症の症状を起こすことがあります。

●発音がしにくくなる(特にタ行、サ行)
タ行やサ行は、歯ならびが悪いと正確に発音できないことがあります。正しい発音ができない場合、お子さんの学校生活に支障をきたすだけでなく、精神的な負担も大きくなりかねません。

●将来の歯科治療が難しくなる
お子さんの矯正治療を見送ってしまうと、将来大きくなってから治療しようと思ってもできないことがあります。時期を逃してしまった場合、抜歯はおろか治療すらできない可能性もあります。

●体にさまざまな悪影響を及ぼす
扁桃腺が腫れやすい、鼻が詰まりやすい、寝起きが悪いなど、噛み合わせが悪いために正常な呼吸ができないお子さんに多くみられる症状が出やすくなります。お口だけでなく、耳鼻科系疾患や全身疾患も症状として現れます。

矯正歯科治療の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
検査・診断料 検査料 小児の場合:パノラマ撮影+模型診断
成人の場合:模型診断
小児 15,000円
成人 10,000円
基本料金 基本料金 小児矯正 前期
(咬合誘導及び習癖改善の為の治療)
450,000円
小児矯正 後期(ブラケット) 350,000円
成人矯正 800,000円
ムーシールド 調整料 小児の反対咬合改善のための治療 100,000円
リンガルボタン 調整料 交叉咬合改善のための治療 150,000円
リテーナー 調整料 矯正治療終了後の後戻り防止装置 12,000円
経過観察料 調整料 装置装着中に月に一度来院いただき、治療経過を観察します 3D 3,000円~
ブラケット
5,000円~

お支払い方法についてはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map