親知らずの抜歯

親知らずを放置すると、むし歯や歯周病の原因になることもあります。また、適切な歯ならびのためには抜歯が必要です。

親知らずの抜歯

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合がありますが、当院では基本的に親知らずは抜くことをお勧めしています。なぜなら、むし歯や歯周病といったトラブルを引き起こすリスクが高くなり、進行すると親知らずの手前に生えている歯まで痛めてしまうことがあるからです。

外科的な手技を得意とする当院の院長は、これまで難易度の高い親知らずの抜歯に数多く携わりました。通常30分以上かかるケースを5分で終わらせたこともあり、可能な限り処置中の痛みを抑え、スピーディーな抜歯には定評があります。親知らずでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

親知らずを放置することへのリスクについて

親知らずを抜歯する時期について

親知らずを抜歯する時期親知らずを抜く場合は、できるだけ早い時期に行う方がよいでしょう。なぜならば、むし歯や歯周病になってからでは遅く、また年齢が若い方がその後の骨の回復が早いためです。なるべく親知らず以外の歯に悪影響を及ぼす前の抜歯をお勧めします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map