お子さんが通いたい歯科へ ~楽しいキッズルームがあります~

将来の歯ならびが作られる今だから。大切なお子さんのために、最適な口腔内環境づくりを一緒に始めていきましょう。

小児歯科

歯科医院は、歯を削ったり治療をしたりするだけのところではありません。上手に付き合うことで、これらの治療を将来にわたり避けることができます。そのためには、小さいうちから歯科医院に慣れ親しみ、恐怖心を持たせないことが大切です。

当院ではできるだけお子さんの不安や心配を取り除き、ストレスなく治療を受けてもらうために下記のような取り組みをしています。

お子さんに楽しく通っていただくための取り組み

怖いイメージを与えません小児歯科
お子さんにとっては歯科医院そのものが未知の世界ですので、怖いイメージを与えないことが大切です。いきなり治療せず、まずはお口を開ける練習から。治療することよりも、お子さんに怖いイメージを与えないことを優先します。

歯医者さんらしくない雰囲気づくり
お子さんは雰囲気に敏感です。当院はお子さんの緊張を和らげるために、建物の外観も病院らしくない自然な雰囲気を大切にしています。樹木を配置するなどの配慮をしております。

同じ目線でお話しします
マスクをした医療者というのは、それだけでお子さんを怖がらせてしまいます。マスクをせずにできるだけお子さんに声をかけながら、目線を同じくしてアイコンタクトを行うなど、不安を感じさせないように努力しています。

きちんと説明します
お子さんだからといって、説明をおざなりにはしません。子どもの理解力は、大人が思う以上に優れています。どのような治療がこれからされるのか、そのために使う機器はどのようなものなのか、お子さんに伝わるよう平易な言葉を用いて根気よく説明します。

当院の小児歯科でのお約束

当院の小児歯科でのお約束●常に笑顔でお子さんと接します
明るく楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

●予防を大切にします
まずはむし歯にならないための環境改善をしましょう。

●痛みはできる限り少なく!
可能な限り痛みの少ない治療を行います。

●簡単な処置はキッズルームで
診療台が怖いというお子さんには、簡単な処置であればキッズルームで行うようにしています。

●もしも泣いてしまったら治療はしません
泣いているにもかかわらず治療をされると、お子さんの心には深い恐怖心が残ります。いつかは理解でき、治療を受け入れられる日が来るのでそれまで待ちます。

0歳児にはおしゃぶりをさせましょう

0歳児にはおしゃぶりを乳幼児がおしゃぶりをいつまでも使っていると「乳離れできていない」「甘えた子どもになる」などの考えからおしゃぶりをやめさせようとする親御さんがいますが、それは誤りです。おしゃぶりは、適切な時期に適切な与え方をすることで、子どもの健全な発達を促すためになくてはならないものと言えます。

なぜおしゃぶりが必要なのか
生まれたばかりの子どもは鼻呼吸をしていますが、発育するに従って両親の影響やさまざまな理由から口呼吸になることがあります。口呼吸を続けると、吸い込んだ空気が直接口腔内に入るため口腔内が乾燥し、のどの奥に外気が直接当たって冷えるためバリアー機能が低下してしまい、さまざまな感染症に対する免疫力が育たなくなってしまいます。

おしゃぶりを使用すると、当然ながら口で呼吸ができないため鼻で呼吸するようになります。すると、自然に鼻呼吸に必要な筋肉が育っていきます。また、例えはじめはおしゃぶりを受け入れてくれなくても、乳幼児は舌や口を盛んに動かして舐めまわそうとします。その際に、咀嚼筋や嚥下筋が刺激され、お口周りの関連筋が健全に発達する一助となるのです。

おしゃぶりを積極的に使いましょう0歳児にはおしゃぶりを
欧米では、おしゃぶりを0~4歳くらいまで使わせることが一般的です。赤ちゃんの健全な発育を促すため、おしゃぶりはできるだけ使うことをお勧めします。口腔周囲の健全な発育は、よい歯ならび、噛み合わせを作り、健康な体を作ります。

スタッフの子どもも使っています
当院で働くスタッフの子ども達も良好な口腔周囲筋の発育のため、おしゃぶりを積極的に使っております。

0歳児にはおしゃぶりを0歳児にはおしゃぶりを

当院からのおすすめ絵本『おくちぽかーん』おくちぽかーん

マウスピース矯正についてはこちら

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください メールお問い合わせフォーム お車でお越しの方 google map