治療症例集|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

駐車場完備

診療時間
09:00~15:00

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

  • お問い合わせ

キービジュアル

018上唇付着異常|上唇小帯切除・マウスピース矯正| 黒部市 中央歯科医院

2020年09月23日

7才からマウスピース矯正をスタートした男の子です。

2年間を目安にマウスピースを使用しながら、不正咬合の根本の原因である口腔周囲筋肉の使い方の改善を目的としたトレーニング(MFT)を行います。

治療を終える前、9才の春休みに経過観察中だった「上唇小帯付着異常」の改善のための処置を行いました。

本来ならば成長と共に歯列から離れていく「上唇小帯」が上の前歯の歯と歯の間に入り込み、隙間が閉じません。隙間があることがある時期においては異常ではないのですが、彼の場合は状況からみてそろそろを処置を実施することを提案しました。処置後のケアが必要ですので相談の上、長期休暇中に行うことになりました。

 

 

 

 

上唇小帯は上唇の上側に付いている紐のことです。他の小帯とは違い骨にしっかりと繊維が張り付いており、局所麻酔をした上でその繊維を剥ぐ必要があります。

処置中も後も痛みはないのですが、処置に5分程時間がかかるため本人の理解と協力がなければ出来ません。

親御さんの協力もあり、とても上手に処置をすることが出来ました。処置後はそれまでと変わらずマウスピース矯正を継続したことで綺麗に隙間のない状態に歯が並びました。

 

同時期に11才のお姉さんも「上唇小帯切除」を行いました。同じようにマウスピース矯正中でわずかではありましたが上の前歯の隙間が改善されず、経過を診ていました。

2年間の治療を終える前に処置の提案をし、弟と一緒に実施しました。

上唇小帯の付き方に異常があることによる問題は見た目だけではありません。

唇の動きに合わせて可動する「小帯」と可動しない「歯肉」では組成が異なり、小帯は炎症に弱く歯牙の近くにある組織としては管理にくい組織と言えます。そのままの状態でいると上の前歯の歯肉がいつも赤くジュクジュクし、口元の印象も悪くなってしまいます。

成長の様子を見守りながら本人にとって良きタイミングで処置を検討すべき異常といえるでしょう。

治療回数 1回 ・ 治療費用 保険適応

 

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

診療時間
09:00~15:00

※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る