院長ブログ|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

駐車場完備

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00
  • メール相談
  • web予約

キービジュアル

子連れ出勤

2019年03月5日

子連れ出勤

ここ数年の中で、何度か論争が巻き起こった「子供連れ出勤」。
ニュース番組やネットでは、子連れ出勤の賛否についての議論を目にします。

当院には、事業内託児所がある為、何人ものスタッフが子連れ出勤を経験し、また医院や他のスタッフはその状況を受け入れてきました。
世間で論じられている「子連れ出勤」とは、子供と一緒の場所で仕事をするという場合もあり、必ずしも当院の状況と同じとは言えません。
ですが、私は、母親が社会で活躍している場を見せることは子供にとって良い影響を与えていると感じています。

子連れ出勤の問題は、子を連れてくるかどうか以前に、子供に見せることの出来る職場かどうかということも重要ではないでしょうか?
親自身に、良い職場環境である自信があれば、躊躇なく子供に職場を見せることが出来るでしょう。
そうでなければ…親は子を連れてこようとは思いませんし、子も行きたいとは思わないでしょう。
子供は親が普段、家庭で職場についてどのように話しているか、よく聞いています。子供は正直です。

「自信を持って子供に見せられる職場であるか否か?」
各々が自問自答とし、誇りを持って互いが気持ちよく働ける職場を作っていきたいと願います。

院長 島田 実

ページを見る

職場環境

2019年03月2日

職場環境

「一つの仕事を一生続けることができること」

働く上で、誰もが望むことであると私は思ってきました。
しかし、慢性的に働き手不足の今、そうとは限らないようです。
自分の人生を捧げる仕事をあまりに安易に決め過ぎているように思えてなりません。
“職”に対する動機が曖昧なのでしょうか。
社会人として一人ひとりの勤労意識が変われば、もっと雇用環境も、職場環境も変わる気がしてなりません。

また、女性の場合、結婚や出産、介護など私的環境の変化によって勤務体系を変更せざる負えない状況に
企業はどこまで従業員のに寄り添うことができるかも、重要な要素と言えるでしょう。
企業としては、出来る限り安心して仕事を続けられるよう、応援したいものです。

歯科医院は女性中心の職場である為、私共の医院も10年以上前から「女性が長く働き続けられる環境」という点では様々な試みをして参りました。
診療時間の短縮、保育士の採用、事業内託児所の設立、短時間正社員の導入…
働き方改革というものもありますが、最後は現場のスタッフと企業とは互いに意見を出し合い、社内全体が職場環境を改善するために同じ志を持って取り組むことが重要であると考えます。

従業員が望む仕事の価値と質を高めること。
これが、勤労意欲を高め、天職と思える職場になるではないでしょうか。

院長 島田 実

ページを見る

書き込み

2019年03月1日


昨今、現代人はネットの“書き込み”でもろもろの物や事柄の良し悪しを判断します。
食べ物、衣類、音楽CDなど、さまざまな個々の反応を元に品定めをして購入しているようです。
歯科医院もまた“書き込み”の対象です。

専門家として歯科医院への書き込みの内容を確認すると、概ね2種類の書き込みで判断されているようです。
①良い=すぐ対応、すぐ治った、低額
②悪い=すぐ対応しない、すぐ治らない、高額

「良い・悪い」の判断基準は人それぞれです。様々な評価があって当然です。
ただ、ショッピングと違いやり直しが出来ない医療において書き込みはどこまで参考にすべきなのでしょうか。歯科治療はその症状や状況、解決する為の治療方法は皆同じではありません。
匿名の責任のない意見によって読み手の重要な判断を見誤るようなことがあってはいけないと私は考えます。また、読み手の見定める力が問われるとも言えるでしょう。

書き込む方は自身の発言に責任を持ち、常識的な言葉遣い、表現を心掛け発言すべきですし、読み手はあらゆる意見、判断があって然るべきと一線を置いて冷静に判断する必要があるでしょう。

院長 島田 実

ページを見る

中央歯科医院20年の歩み

2019年01月10日


昨年、KNB北日本放送にて、開業20周年記念番組「歯科医療の使命~中央歯科医院20年の歩み~」を放送<2018年12月23日(日)11:10~11:25>しました。





「歯の治療は生きるための治療であること」と考え日々の診療に臨むその歯科治療に対する考えや思い、医院の取り組みを紹介します。

最後に、番組制作から放送に至るまでKNBの方はじめ関係者の方々には大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

院長 島田 実

ページを見る

2019 新年のご挨拶

2019年01月4日


謹賀新年
輝かしい新年を迎え、皆様のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

本年の当院スローガンは「治療の可視化~高度な治療をわかりやすく~」です。

歯科治療において、患者の理解と協力は治療結果を大きく左右する「鍵」と言えます。
ただ、患者さんに伝える内容の中には分かりづらい高度な事もあり、患者さんが治療の必要性と意図が理解出来るよう説明することも私達、医療従事者の重要な務めであると考えます。


健康維持のパートナーとして選ばれる歯科医院であること、そして互いに長く信頼し合ってお付き合いが出来るよう、医院全体で取り組んで参ります。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


平成31年 元旦

院長 島田 実

ページを見る

治療痕は生きた証

2018年10月6日


かかりつけの医院の閉院や引っ越しで患者自身にとって不本意な転院をしなければならなくなり、当院にお越しになることがあります。
患者の意思によって転院する場合は何らかの「変えたい理由」がありますので、現状が自身の考えと違っていてもこちらの話を聞き入れてもらえることが多いのですが、不本意な転院の場合、かかりつけ医への信頼や思いが邪魔をし、現状が伝わりにくいことがあります。

治療痕を診れば大体の治療履歴が想像出来ます。
それはこれまでの歯医者のかかり方も関係しますが、最も関係するのは「かかりつけ医がどのような仕事をしてきたのか」です。
良くも悪くも歯科治療への考えや思いが全て「今」に露呈してしまいます。

-歯を治療して本当に治そうとしているのか?-
-まさか歯は治らないと思って治す気が無いのか?

そんな思いが感じられると「ずさんな治療の為全部抜くしかない」とか「最悪なことに収拾がつかず治療の施しようがない」などあまりに気の毒で言いにくいことがあります。
そんなの正しい診断ではないとお怒りの方もいるでしょうが、私も人間です。
前医への大きな信頼があればあるほど、嘘はつきませんが、どこか歯切れの悪い結論に行き着いてしまいます。どうしてこんなことになってしまうのか…患者側の気持ちを察すれば、分からなくて当然なのかもしれません。

私が出来ることとすれば、治療結果が患者の身体に永久に残り、治療痕はまさに私の「生きた証」と心得、常に真剣に患者と向き合うことです。患者に嘘はつかない、常に正直で本当を伝える歯科医であり続けます。

院長 島田 実

ページを見る

客は神様の真意とは

2018年09月10日


先日、タクシーに乗車した時のこと。
運転手さんと思わぬ展開から「医療従事者と患者との関係性について」話した出来事を紹介します。

最近、異常に増えたという「クレーマー」について話をしていたところ、その運転手さん曰く「あるキッカケがある」と仰います。
その「キッカケ」とは…少し前に一斉に多くの病院で患者を「○○様」と呼んだり、「患者様」と表現するようになりました。
その頃から世の中全体におかしくなってきたと…
この意見には私も同感です。
 
私は運転手さんの意見を聞いた時、ふと歌手の三波春夫さんの「お客様は神様です」というフレーズを思い出しました。「患者様」「お客様」という表現に勘違いをしている方はきっと、三波春夫さんの言う「お客様」の真意も勘違いしているのではないでしょうか。
「お客様は神様です」とは、ステージに立つ演者と聴衆・オーディエンス(客席にいらっしゃるお客様)という形の中から生まれたフレーズで、「神前に祈る時のように、お客様を神様とみて、歌を唄う」ということです。
※三波春夫オフィシャルサイト/『お客様は神様です』というフレーズの意味とは
 
「客は神様なのだから金を払う以上、ある程度の無理な要望は応えるべきだ」と誤った解釈が勘違いした行動や言動に繋がるのはないでしょうか。冷静に考えればこのような意図の間違いに気づくことは、非常に簡単なことです。
 
私の記憶では患者を「○○様」と最初に呼び始めたのは歯科医院だったように思います。当院でも一時期、取り入れていました。しかし、すぐに違和感に気づき「○○さん」との呼び方に戻しています。「様」から「さん」へと変える…たったそれだけのことですが、呼び方ひとつで相手との関係性は大きく変化します。医療従事者と患者という関係性においては特にそう感じます。
個人的には「お客様」ではなく、「お客さん」で良いと考えます。
タクシーの運転手さんが自分とは違う観点からですが、同じ違和感を感じていたという意見を聞き、少し嬉しく感じました。

どんな呼び方をし、どのような言葉遣いで話をするかはそれぞれに思いがあってのことですが、場合によっては行き過ぎた丁寧な対応が勘違いやお互いの擦れ違いの原因になります。
私自身も「お客さん」の立ち位置で、日ごろの振る舞いを改めて顧みるつもりです。
 
院長 島田 実

ページを見る

睡眠時無呼吸症候群・いびき・噛み合わせ等の問題を診断します。

2018年08月30日


このたび、新しいレントゲンを導入しました。

ドイツ・シロナ社製、X線で気道の容積を計測するシステム「SICAT AIR」です。気道解析するための世界初の3Dソリューションでさまざまな健康被害の原因となる気道狭窄程度の判定や歯科治療による気道変化や評価の為に有効的とされています。断面図で気道の状況が確認できる優れものです。

導入理由は、「歯科治療と気道の関係」を調べ、治療前後での変化を評価し、治療意義を深く理解し効果を実感し、患者さんに治療意義を深く理解した上で納得してほしいということです。

口内を見ると、呼吸の状態が予想でき、健康状態が分かります。
気道は狭く、息苦しい状態になっていると、多くの場合、睡眠時無呼吸症候群やいびき、噛み合わせ等の問題を抱えていることが殆どです。

当院では、気道や呼吸を配慮した咬合再建治療を行う為、治療によって呼吸が改善し、気道の通りが良くなることが、心身の健康へ大きな影響を与えることを日々の治療を通して実感しています。
口腔内が改善し、呼吸が整うにつれ、重く腫れぼったいまぶたが軽くなり、声や表情が次第に明るくなり、体調不良から思うように社会に出ることが出来なかったという生活が変わったと嬉しそうに話しをされる方が多くいらっしゃいます。そんな変化を目の当たりにするものの、これまで変化の理由を成果として立証することが出来ませんでした。このレントゲンの登場により、画像という確かなデータで、患者さんに伝えることが出来ること、私自身、大変喜びを感じています。

歯が悪いこと、噛み合わせが悪いことが、呼吸に問題をきたし、生きていく上での「リスク」になります。
お口の中の異常や不都合、今後起こりうる問題を過小評価していませんか?
歯科治療の“質”は、あなたの呼吸の“質”を左右します。

院長 島田 実

ページを見る

説明と理解

2018年08月29日


私共の医院を初めて受信された方の意見を目にする機会がありました。
初診時に治療をしなかった事を不満に感じているような内容でした。
 
こちらの説明が十分伝わっていなかった事が原因だと感じます。
初診時に敢えて治療しない事の意義が理解して頂けなかったようです。
例えば、腹部に腫瘍が見つかり、摘出の必要があるとします。
おそらく、説明を受けたその日に腹部を切ることはないでしょうし、その説明を受けるまでにも、何度も検査の為に病院に足を運ぶ必要がないでしょう。身体の事であれば、当日処置をしない事を受け入れられるのに、歯の事となると受け入れられないのは何故でしょう。
多くの歯科医院が安易に治療しすぎる歯科医側と、歯科治療を軽んじている患者側と両方に問題があるように思います。
 
歯科治療においても、身体の治療においても、やり直しがきかないことが多く、治療の考え方、治療の方法も様々です。その為、初診時は、応急処置に絡め問題に至った原因と対策、治療方法を提案するための検査を行います。その問題とは「歯が抜けた」等の重大な内容はもちろん、「つめものがとれた」といった一見、簡単な問題であっても同じです。お互いに無駄が多い、安易で無意味な治療をはすべきではないと考えるからです。また、これまで受けてこられた歯科治療と、私共の治療の考え方が大きく異なる場合、十分理解した上で治療して頂きたいという思いから、慎重な判断をお願いすることがあります。
 
治療痕を見れば、これまでどのように歯科治療と向き合ってこられたかは一目瞭然です。まず、治療を進める前に説明の機会や時間を確保し、十分な理解の上、治療の意志を確認出来るまでやり直しがきかない治療は行いません。
 
なるべく、このような誤解がないよう、医院全体で定期的にカンファレンスを行い、患者さんの立場を考えた上での対応を検討しておりますが、今回のような意見を踏まえ、一人ひとりの患者さんが納得し、安心して治療が受けられるよう、今後より一層の十分な説明を徹底して参ります。
 
院長 島田 実

ページを見る

立ち止まって考える

2018年07月17日


10年来のお付き合いの患者さんがこんな事を呟いておられました。
3年前から介護をしている母親からよくこんな言葉を聞くそうです。
 
「こんなに部分入れ歯が都合悪く使えないものになるなら、元気なうちに総入れ歯にしておけばよかった…」
 
なるべく残せる歯を残して保険診療で行うことの出来る「部分入れ歯」は安易に選択しがちですが、歯を失うことで残る歯にかかる負担が過剰になることは部分入れ歯では解決出来ず、その後も追加の治療が必要になることが前提の治療であるとも言えます。
 
元気なうちはそれでもいいかもしれませんが、そうでなくなった時に最も困るのは「部分入れ歯」なのです。 
歯科の学問において「部分入れ歯」は30年前から進歩をしておらず、既に破綻していると言ってもいい程です。それに対し「総入れ歯」の学問は今も尚、進歩し続けています。 
介護職の方からも部分入れ歯は扱いにくく、口腔環境を管理しにくいという意見を聞きます。
 
自分の意志で歯科治療を選択し、受けられるうちにとことん口腔内を管理するか、今後起こりうるであろう追加治療を前提とする中途半端な状態を辞め、「総入れ歯」にするか…60歳くらいを目途に立ち止まって考えることをお勧めします。
 
傾向として「どうせ、いつまで生きるかわかんない」なんて投げやりなことを言っている人に限って中途半端な選択の結果、自身の首を締め、家族を悩ませているように感じます。
 
時に、他人事のように冷静に自分のお口の中の将来について考えてみることも必要です。
 
院長 島田 実

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00

※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る