院長ブログ|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

駐車場完備

診療時間
09:00~15:00

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

  • お問い合わせ

キービジュアル

Yahooニュースより 歯医者で「虫歯ですね」といわれてもすぐに治療してはいけない理由

2022年07月5日

日常の診療において

「安易な治療はしない方がいい」

「治療はよく考えて」

と話しても残念ながら真意が伝えらず

「虫歯を治療してくれなかった」と誤解されることも少なくありません。

 

そんな私の気持ちを代弁してくれるような記事をみつけましたので一部を紹介します。

 

2022年7月1日㈮配信されたYahooニュースです。

「週刊現代」2022年6月25日号より

―政府が「国民皆歯科健診」の導入に向け動き出す一方、本当に健診で日本人の歯は守られるのだろうか―という問題提起からこの記事は始まります。

 

私も同感です。

事実、歯科治療で用いられてきた金属の値段が高騰し、代替として樹脂が用いられるよになった結果、「保険診療で白い詰め物が出来る」と大量の樹脂の詰めものをした若者の口腔内を診ることが増えました。

 

樹脂は使い方を間違えなければメリットも多く、現代の歯科治療においては無くてはならない材料です。

しかし、安易な歯科治療の武器にしてしまうと「歯垢がつきやすい」「変色する」「口臭の原因になる」「擦り減る」など、患者さんにとってデメリットが目立つ結果になってしまいます。

そして何より安易に「歯を削るから虫歯になる」のです。

 

 

歯は削らないに越したことはありません。

人生100年時代…20代までに歯を削ると人生の後半、歯科治療に追われることになります。

 

記事の中に「一見、歯の治療を行っているように見えても、長期的には自分の歯や健康を失うことになる」とあります。

まさにその通りです。

長期的に見て、価値ある治療をしたい…それだけです。

1度きりの人生、歯で悩み続けるのはやめませんか?

 

【注意】記事の閲覧には期限があります。

一人でも多くの方に記事を見て頂きたいのでURLをご案内します▶▶歯医者で「虫歯ですね」といわれても、すぐに治療してはいけない理由(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース 

ページを見る

初診オンライン相談のススメ

2022年04月1日

歯科治療においてオンラインは不向きだと考える方は少なくないのではないでしょうか…

私は歯科治療こそオンラインが有用であり、今や当院にとって不可欠な診療スタイルだと考えます。

 

初診オンライン相談の目的は「ミスマッチを防ぐこと」です。

 

オンライン診療で歯の治療は出来ませんので、急性症状のある方には不適当です。

ただし、それ以外の方にとって特に初診時は、治療すること以上によく主治医と話すことが重要だと考えます。

歯科治療は大半の処置が「一度きり」「やり直しがきかない」ことです。齟齬があるまま治療を進めることは非常に危険です。

 

医院にお越しになる前にオンライン相談を受け、自分が求めている歯科医院なのかどうかお考えの上、来院するかどうかを判断してください。

 

また、「歯科医院が苦手」「歯科医院に行くだけで緊張する…」という方にもお勧めです。

不安や悩み、希望があっても、その思いを歯科医院で専門家に話すのはとても勇気が必要なことです。

オンライン相談の場合、画面越しにテレビ電話をするような感覚で話すことが出来ます。

落ち着いて話しをしているからか、私としては来院した初めてお話をする以上の成果をあると感じています。

初診オンライン相談の申込▶https://preview.studio.site/live/BXaxEyrgW7/1

 

 

現役歯科医師が監修する口腔WEBマガジン「歯科オンラインホームドクター」にて、オンライン診療の有用性についての取材を受けました。

当院インタビュー記事はこちら▶【インタビュー】歯科オンライン相談の活用方法は?メリットもたくさん!

 

ページを見る

歯科治療によるAir Way(気道確保)

2022年04月1日

「中央歯科医院って他のクリニックと何が違いますか?」

このような質問を患者さんからよく尋ねられます。

 

当院の拘りや他院との違いを語ればキリがないのですが、一言で答えるなら「気道を考慮した治療をしていること」でしょう。

 

歯と気道とは一見関係がないようにも思えるかもしれまんが、上下の歯の咬み合わせの関係が下顎の位置を決め、下顎の位置が気道を決めます。

 

40~60代で「咬み合わせ」がお悩みの方の相談に多いのは、長年に渡る不適切な歯科治療の繰り返しの末、気道が閉塞。それでも尚、懸命に呼吸しようとした結果、口呼吸になり、必死の呼吸の結果、顎の位置が狂う…こんな深刻な状況をよく目にします。

 

「とりあえず痛いとこだけ保険で…」と応急処置を繰り返すと上辺だけの治療の結果、いつか破綻してしまうのです。安易な歯科治療は、長期的には得るものより失うものの方が多いのです。

 

 

当院が最も重要だと考える「気道」について、歯科オンラインホームドクターにて、現役歯科医師が監修する口腔WEBマガジンにて記事を作成致しました。ご覧ください。

当院監修記事はこちら▶歯科治療によるAir Way(気道確保) | 歯並びの悪さが招く健康への悪影響

 

ページを見る

正しい噛み合わせ「アングルの分類」

2022年01月31日

健康的な口元を獲得し、その状態を維持する上で「噛み合わせ」は重要です。

当院の矯正治療における拘りは単に歯を並べて終わりではなく、噛み合わせを整えることです。

「噛み合わせ」を重視することは呼吸の質を改善し、身体に調和した歯列を作ることになります。

安易な矯正治療は、口腔容積(舌房)を狭くし、呼吸の質を悪化させ、睡眠時無呼吸症候群の誘因となり得ます。

単に歯を整列させるだけの歯列矯正は「治療」とは言えないのではないでしょうか…

では「噛み合わせ」の良し悪しはどのように判断するのか…

 

 

歯科オンラインホームドクターにて、現役歯科医師が監修する口腔WEBマガジン監修医師として

「正しい噛み合わせアングルの分類」に関する記事を監修しましたので、ご覧ください。

 

当院監修記事はこちら▶正しい噛み合わせ「アングルの分類」|歯を長持ちさせる大事なこと

 

 

 

ページを見る

オーラルリハビリテーションとは

2022年01月11日

「咬合再構成」「オーラルリハビリテーション」という言葉をご存知ですか?

治療後の状態が長持ちするための歯科治療の考え方とも言えるでしょう。

当院HP内で紹介して「症例集」は全て「咬合再構成(オーラルリハビリテーション)」を行ったケースです。

当院「症例集」はこちら▶ https://www.chuoshika.jp/case/

 

その実現のためにインプラントや矯正治療など必要な治療の方法や期間、費用は人其々異なりますが、治療の考え方は同じです。

「長年歯医者に通っているけど、自分の歯はどんどん失われていく」「10年後の口腔内が不安だ…」そんな方に必要な治療です。

 

 

昨年末、歯科オンラインホームドクターにて、現役歯科医師が監修する口腔専門WEBマガジン監修医師として「咬合再構成(オーラルリハビリテーション)」に関する記事を監修しました。

ご覧ください。

 

当院監修記事はこちら▶咬合再構成|口腔全体を根本から治すオーラルリハビリテーションとは?

ページを見る

オンラインホームドクター認定歯科医院

2021年10月19日

 

この度、オンラインホームドクター歯科医院に認定を受け、オンライン診療を導入しました。

 

当院では、はじめての方の相談窓口としてリンクドクターを用いたオンライン診療を行っています。

「自分に合う歯医者がわからないのに歯科医院にわざわざ行くのは億劫だな…」

「子どもを預けて受診するのは不安…」

「まずどんな先生か話を聞いてみたい」

歯のことについて気になることはあってもなかなか最初の一歩が踏み出せない方にオススメです。

 

また、歯科オンラインホームドクターにて、現役歯科医師が監修する口腔専門WEBマガジン監修医師として記事を監修させていただきました。

 

 

◆セルフケアで歯周病を予防!歯科医が教える「効果的な歯磨き」の仕方▶こちらをクリック

 

◆インプラントで失敗したくない!別の歯医者に相談すべき?転院は?▶こちらをクリック

 

◆【歯科オンライン診療】矯正のカウンセリングや治療費の相談がスムーズ!▶こちらをクリック

 

◆50代こそ矯正がおすすめ!将来の健康と幸せのために今できること▶こちらをクリック

ページを見る

スポーツドリンクのホントの話。

2021年08月12日

 

近頃のスポーツキッズは、私が小さい頃とは違い、幼少期から熱心に取り組む様子に羨ましく思うこともあれば、心配に思うこともあります。

 

特に心配に感じるのは食事事情です。

 

熱中症予防の目的も兼ねた「水分補給」やパフォーマンス力を高めるための「捕食」などはスポーツキッズにとっては当然のことのようですが、本当に必要なものは何か?今一度考えて頂きたいところです。

 

最も心配なのは「スポーツドリンク」です。

500㎖中に約30g(角砂糖8個分)の糖分が含まれていることをご存じですか?

世界保健機関WHOが推奨する1日の砂糖摂取量は25gですからペットボトル1本で超えてしまいます。

栄養成分表示の「炭水化物」のg数が、ほぼ砂糖の量です。よく飲む方は一度チェックしてみることをお勧めします。

 

糖以外にもスポーツドリンクに酸や電解質が含まれます。

虫歯のリスクという点では糖だけでなく「酸」の影響も懸念されます。

「酸」が入っていることでスポーツドリンクの酸性度は高く、歯の表面のエナメル質が溶け始めるPH(臨界PH)5.5を下回るPH3.5です。

更にスポーツ中は口呼吸でお口の中が乾燥しやすい為、唾液の作用が働きにくく、その中での頻回なスポーツドリンクの摂取は虫歯のリスクが最も高いと言えるでしょう。

 

とはいえ、スポーツ中の水分やミネラル、エネルギーの補給は必須です。

出来る対策としては、まずスポーツドリンクはスポーツ中だけと決めたいものです。

日常的に飲むのは歯にとっても身体にとってもかえって害になりかねません。速やかに水分やエネルギーを補給したい場合にのみ摂取しましょう。

それから、飲んだ後に水やお茶で口をゆすぐなども良いでしょう。

スポーツマンの口元はやはりキラリと光る白い歯が良く似合います。

必要なものは何か?どんな目的でこの飲み物や食べ物を口にするのか?親子でよく考えてみましょう。

 

院長 島田 実

ページを見る

ととのう

2021年06月8日

 

皆さんは「サ活」してますか?

私は現在「サ活」中です。以前からサウナは好きでしたが、入り方や目的をサウナの書籍やYouTubeを参考に勉強し始めたのはここ数年のことです。

 

昔は単に汗を流すことが目的だとそれ以上深く考えることもありませんでしたが、サウナの効果はそれだけではないということを知りました。

サウナの最大の効果は交感神経と副交感神経を意図的にコントロールすることで身体と脳を休ませることが出来ることのようです。いわゆる「ととのう」という状態です。やみくもにただサウナに入ってもサウナ本来の効果を得ることは出来ません。

理解なしに行ってきた自分の行動がいかに危険だったのか気づくと恥ずかしくなります。

目的は人其々なので間違いがあるわけではありません。ただ、本来もっと効果的に活用出来ることを知らずに無目的で好きなように入っていた自分が乱暴だったようにも思います。

 

ふと、この気持ちは初めて当院を訪れた患者さんも同じような気持ちになっているのでは、と感じました。

当院では初診時、現状やこれまでの治療痕からわかることをありのままにお話しします。私はただ歯科治療において「ととのう」状態を得ることなく、ただ漫然と歯医者通いをしていないか問いたいのです。

目的を明確にせず、理解なしに行う歯科治療は危険です。

 

ちなみに私のオススメはサウナ15分、水風呂2分、外気浴10分を3~4セットです。

 

院長 島田 実

ページを見る

困っています

2021年04月27日

近頃、矯正治療の経験があるにも関わらず、とてもそうとは思えない状態の患者に悩まされています。

そうとは思えない状態とは…?

 

其々の歯の形状が異なることには意味があり、其々に任される働きが違います。1本1本が本来すべき働きをすることがその歯もそれ以外も守ることになります。その為には矯正治療により歯並びを整えると同時に咬み合わせの正常化が必要です。

つまり「自分の歯の健康を維持したい」「歯をなるべく抜きたくない」と考えるなら、不正咬合の問題は早めに解決した方がよいでしょう。なぜなら、矯正治療の結果、審美性「美しい口元」と機能性「健康維持しやすい咬み合わせ」の獲得という2つの目的が達成します。

この2つの目的が達成していないことが「矯正治療したとは思えない状態」です。

 

私達が困るのは、特に機能的な問題が解決していない場合です。

 

矯正治療後、虫歯や補綴治療(被せ物や詰め物を入れること)を当院で行いたいとの希望があっても治療の前提条件がクリアしていない状態では手が付けられません。

 

取り散らかった本をきれいに使いやすく整理整頓することが矯正治療だと考えると、未整理の状態の本を収める本棚のオーダーをされても作り手は困ります。

 

とはいえ、歯の位置は口腔周囲筋肉の影響を受け、変わりゆくものです。

治療後の変化があることを前提として考えても矯正治療を終えた後、次の治療に困らない状態には整えておきたいものです。

 

その為には矯正治療を主治医との合意点まで行うこと、治療を終える前に治療の目的が果たされているのか主治医と共に再確認することが重要であると考えます。

 

院長 島田 実

ページを見る

「とりあえず掃除」は危険

2021年03月10日

 

「とりあえず生っ!」ではありませんが(笑)

「とりあえず掃除してください」「歯石取りだけお願いします」という方がいらっしゃいます。

とても簡単そうに生ビールを注文するようにラフに仰るのですが、病的な状況に対し改善の予定がない中で歯石除去等出血を伴う処置を行うことがどれだけ危険か理解していますか?あなた自身も我々も感染のリスクがあることをご存じでしょうか?

歯石除去はある種外科処置とも言えます。処置に伴い出血することで体内に口腔内の細菌が侵入します。菌血症です。全身の状態によっては敗血症を招くリスクもあります。

参考 日本赤十字社HP 出血を伴う歯科治療を受けた方へhttp://www.jrc.or.jp/donation/about/refrain/detail_09/

 

歯周病治療を行う上で口腔内の環境を整えることは必要です。ただし病気の原因がそれだけでないことがほとんどです。

我々は掃除屋ではありません。口腔内の問題を解決するための治療を行うことが使命です。

特にコロナ渦においてはお互いの感染リスクを十分理解した上で今何をすべきか判断してください。

院長 島田 実

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

診療時間
09:00~15:00

※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る