院長ブログ|中央歯科医院|富山市、黒部市、魚津市、滑川市の歯医者|口コミ・評判多数

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

駐車場完備

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00
  • メール相談
  • web予約

キービジュアル

睡眠時無呼吸症候群・いびき・噛み合わせ等の問題を診断します。

2018年08月30日



このたび、新しいレントゲンを導入しました。

ドイツ・シロナ社製、X線で気道の容積を計測するシステム「SICAT AIR」です。気道解析するための世界初の3Dソリューションでさまざまな健康被害の原因となる気道狭窄程度の判定や歯科治療による気道変化や評価の為に有効的とされています。断面図で気道の状況が確認できる優れものです。

導入理由は、「歯科治療と気道の関係」を調べ、治療前後での変化を評価し、治療意義を深く理解し効果を実感し、患者さんに治療意義を深く理解した上で納得してほしいということです。

口内を見ると、呼吸の状態が予想でき、健康状態が分かります。
気道は狭く、息苦しい状態になっていると、多くの場合、睡眠時無呼吸症候群やいびき、噛み合わせ等の問題を抱えていることが殆どです。

当院では、気道や呼吸を配慮した咬合再建治療を行う為、治療によって呼吸が改善し、気道の通りが良くなることが、心身の健康へ大きな影響を与えることを日々の治療を通して実感しています。
口腔内が改善し、呼吸が整うにつれ、重く腫れぼったいまぶたが軽くなり、声や表情が次第に明るくなり、体調不良から思うように社会に出ることが出来なかったという生活が変わったと嬉しそうに話しをされる方が多くいらっしゃいます。そんな変化を目の当たりにするものの、これまで変化の理由を成果として立証することが出来ませんでした。このレントゲンの登場により、画像という確かなデータで、患者さんに伝えることが出来ること、私自身、大変喜びを感じています。

歯が悪いこと、噛み合わせが悪いことが、呼吸に問題をきたし、生きていく上での「リスク」になります。
お口の中の異常や不都合、今後起こりうる問題を過小評価していませんか?
歯科治療の“質”は、あなたの呼吸の“質”を左右します。

院長 島田 実

ページを見る

説明と理解

2018年08月29日


私共の医院を初めて受信された方の意見を目にする機会がありました。
初診時に治療をしなかった事を不満に感じているような内容でした。
 
こちらの説明が十分伝わっていなかった事が原因だと感じます。
初診時に敢えて治療しない事の意義が理解して頂けなかったようです。
例えば、腹部に腫瘍が見つかり、摘出の必要があるとします。
おそらく、説明を受けたその日に腹部を切ることはないでしょうし、その説明を受けるまでにも、何度も検査の為に病院に足を運ぶ必要がないでしょう。身体の事であれば、当日処置をしない事を受け入れられるのに、歯の事となると受け入れられないのは何故でしょう。
多くの歯科医院が安易に治療しすぎる歯科医側と、歯科治療を軽んじている患者側と両方に問題があるように思います。
 
歯科治療においても、身体の治療においても、やり直しがきかないことが多く、治療の考え方、治療の方法も様々です。その為、初診時は、応急処置に絡め問題に至った原因と対策、治療方法を提案するための検査を行います。その問題とは「歯が抜けた」等の重大な内容はもちろん、「つめものがとれた」といった一見、簡単な問題であっても同じです。お互いに無駄が多い、安易で無意味な治療をはすべきではないと考えるからです。また、これまで受けてこられた歯科治療と、私共の治療の考え方が大きく異なる場合、十分理解した上で治療して頂きたいという思いから、慎重な判断をお願いすることがあります。
 
治療痕を見れば、これまでどのように歯科治療と向き合ってこられたかは一目瞭然です。まず、治療を進める前に説明の機会や時間を確保し、十分な理解の上、治療の意志を確認出来るまでやり直しがきかない治療は行いません。
 
なるべく、このような誤解がないよう、医院全体で定期的にカンファレンスを行い、患者さんの立場を考えた上での対応を検討しておりますが、今回のような意見を踏まえ、一人ひとりの患者さんが納得し、安心して治療が受けられるよう、今後より一層の十分な説明を徹底して参ります。
 
院長 島田 実

ページを見る

立ち止まって考える

2018年07月17日


10年来のお付き合いの患者さんがこんな事を呟いておられました。
3年前から介護をしている母親からよくこんな言葉を聞くそうです。
 
「こんなに部分入れ歯が都合悪く使えないものになるなら、元気なうちに総入れ歯にしておけばよかった…」
 
なるべく残せる歯を残して保険診療で行うことの出来る「部分入れ歯」は安易に選択しがちですが、歯を失うことで残る歯にかかる負担が過剰になることは部分入れ歯では解決出来ず、その後も追加の治療が必要になることが前提の治療であるとも言えます。
 
元気なうちはそれでもいいかもしれませんが、そうでなくなった時に最も困るのは「部分入れ歯」なのです。 
歯科の学問において「部分入れ歯」は30年前から進歩をしておらず、既に破綻していると言ってもいい程です。それに対し「総入れ歯」の学問は今も尚、進歩し続けています。 
介護職の方からも部分入れ歯は扱いにくく、口腔環境を管理しにくいという意見を聞きます。
 
自分の意志で歯科治療を選択し、受けられるうちにとことん口腔内を管理するか、今後起こりうるであろう追加治療を前提とする中途半端な状態を辞め、「総入れ歯」にするか…60歳くらいを目途に立ち止まって考えることをお勧めします。
 
傾向として「どうせ、いつまで生きるかわかんない」なんて投げやりなことを言っている人に限って中途半端な選択の結果、自身の首を締め、家族を悩ませているように感じます。
 
時に、他人事のように冷静に自分のお口の中の将来について考えてみることも必要です。
 
院長 島田 実

ページを見る

矯正治療によって「成長を応援する」

2018年07月13日


当院では矯正治療における習癖改善の為の装置として、プレオルソやマイオブレイスを用います。対象として最も効果的な年齢は6~8歳と言われています。
 
そもそも歯ならび・咬み合わせに問題が生じる原因としてその子本来の成長が阻害されていたり、健全な発育にとっての肝とも言える「呼吸」に問題があるケースが多くあります。 
「6~8歳」という年齢は、発育の成熟度や成長スピードを現したスキャモンの発育曲線からみても、神経系の発育が大きい時期「プレゴールデンエイジ」とも言われています。つまり脳の発育が盛んな時期で「上顎」も脳と同じ神経系に属します。
 
「6~8歳」という年齢は言い換えると口腔内にとって本来の成長を応援する“最後のチャンス”とも言えます。
 
良い歯ならび・咬み合わせを獲得する為には「永久歯を4本抜いて並べる方法」と「永久歯を抜かない方法」と2つありますが、成長という点から言うとこうもいえます。 
「成長を諦めて歯を間引いて並べる」か 
「本人の成長を応援して、自分で歯が並べられるようにサポートする」か。
 
当院では患者との相談上、どちらの方法も行っており、絶対こうすべきだということではありません。
 
ただ、ひとつ親御さんに考えて頂きたいのは、まだ成長段階にある6~8歳の時点で成長を諦めて抜歯を前提とするのではなく、この時期に本来の成長が出来るよう支援してあげることで、よりよい結果があるのではないかということです。なぜなら6~8歳のプレゴールデンエイジの時期に成長が妨げられて過ごしたお子さんと、のびのびと本来の成長を経験したお子さんと、得たものの違いは「よい歯ならび」だけではないからです。
 
機能的に「よい歯並び」を獲得することはどの年齢においても有益なことですが、お子さんの健全な発育をもっと深く考えると「歯並び」だけでなく、他にも配慮すべきことがあることに気づくはずです。 
様々な意見に耳を傾け、広い視野でお子さんの発育を見守ってほしいというのが私の強い願いです。
 
院長 島田 実

ページを見る

後悔しない航海を…

2018年06月12日


あなたはどんな歯科治療を受けたいですか?
医療従事者間でこんな話題になると、決まって出てくるワードが「患者に寄り添った治療」です。
「患者に寄り添う」とは、耳障りの良い表現ではありますが、一歩間違うと「患者の言う通りに進める」ということにもなりかねません。このような点から私は「患者に寄り添った治療」が必ずしも良いとは思いません。
 
ご存じのように近年「貧困歯科医」「コンビニより多い歯科医院」などの表現が社会に流布することで患者が変わったのか、歯科医師が変わったのか…何か互いの顔色を伺うような治療を受け続けている患者が多いように思います。
 
歯の治療は家づくりに似ています。
「自分の望む家を作るには、3棟建てる必要がある」というように、数十年後の生活を俯瞰で想像し、素人が理想的な設計をすることは難しく、結局、設計士の提案が最も的確だったという話はよくある展開のようです。
歯科治療を「家づくり」に例えるなら歯科医師は「設計士」のような存在であるべきであると考えます。
また、人生における歯科治療の在り方を「航海」に例えるなら歯科医師は「キャプテン」のような存在であるべきであると考えます。
「設計士」であれ「キャプテン」であれ、今後起こりうるあらゆる状況を想定し、都度的確な判断が求められる存在です。
 
信頼するキャプテンに縋ったものの気付くと共に沈没しているか、安心して大海原を航海し続け人生を謳歌するか、患者であるあなた自身の判断が今後の人生を大きく変えると自覚しましょう。
 
院長 島田 実

ページを見る

治療も詰将棋

2018年05月22日


先日、将棋の藤井聡太さんが史上最年少の15歳9カ月で七段に昇段しました。
どこまで上りつめるのか、目を見張る躍進です。

私も藤井七段同様、幼少期より将棋はしていましたので自信はある方ですが、駒の動かし方を知っているからと言って彼と戦えるわけはありません。
違いは何でしょうか?
プロ棋士と素人との大きな違いは「先を読む力」と言えるでしょう。
彼は、何手まで読めるのでしょうか?
枝葉では、数百手とも言われ、とんでもない思考力の持ち主であることは間違いありません。

歯科医師も棋士同様、「先を読む力」が要求されます。
歯科医師とは、駒の動かし方を知っていて、その一手が後にどれ程の影響を与えるのかも分かっています。
だだし、先をどのように考え、どのように動かすのか、また、この先どのような展開を望んでいて、どうあるべきと考えるのかは各々の歯科医師によって異なります。

納得した歯科治療を受けられない人に共通して言えるのは「先を読んだ治療をしていない」ということ。または、歯科治療は「先が読めない」と思い込んでいる人です。
歯科疾患とは、慢性の炎症や疾患で突発的に問題が生じることで事故以外考えにくいものです。患者がこれまでどのように口腔を管理してきたか、その積み重ねの結果が「症状」として現れるだけなのです。
ですので、このままだと5年後、10年後どうなるか予想することは容易ですし、そうならない為の対策をすることも簡単なことです。

私は、将棋で藤井七段に敵うことは到底不可能ですが、歯科医師として「歯科治療における藤井七段」と言われるくらい患者の将来を見据えた的確な提案やお話が出来るようスタッフ一同、日々研鑽を積んで参ります。

院長 島田 実

ページを見る

歯磨きの限界

2018年05月21日



10年以上お付き合いのある患者さんからご家族の事でこんな相談を受けました。

ある事情から他院に通院している娘が歯茎の不調を繰り返し訴えても歯科衛生士から「ハミガキを頑張りましょう」と指導を受けるだけ…。
聞くと症状あるのは一部分だけで、磨くとその後しばらくは出血が続き、歯茎は痩せ「ママ…このままだと歯が抜けちゃう」と娘はひどく悩んでいるとのこと。
母親からは「これって歯磨きでなんとかなるレベルですか?? 何か他の原因があって、治療が必要なのでは?」との相談です。

実際にお口の中を診たわけではないので詳細はわかりませんが、伺う限り歯磨きで解決出来る歯垢が原因の単なる歯肉炎以外にも原因はありそうです。

なぜ歯肉から出血するのか? なぜ歯肉が下がるのか?
歯磨きで治るレベルなのか? 他の治療も含め検討すべきなのか?
歯科衛生士が目の前の患者のお口の中で起きている問題を正しく分析し、患者を指導しない限り一向に光が射すことはなく、患者は暗闇をただ彷徨うだけです。

患者を導くことが出来ない上に患者をただ攻め続けるのはあまりにお気の毒な話です。
歯科衛生士=「歯の掃除屋さん」とか「歯磨き指導担当」なんて時代は既に終わっています。
歯科衛生士一人ひとりが今、自分が求められている業務を理解し、患者を「完治」へと導く使命を持って取り組んでほしいと歯科医師として期待します。

院長 島田 実

ページを見る

熟成肉

2018年04月18日



近年、霜降り肉よりも人気の高い「熟成肉」。

 *「熟成肉」とは…一定の条件で肉を寝かせたもの。

この「熟成肉」の定義があいまいであり、品質にばらつきがあるとの状況だそうです。

何日間熟成したら「熟成」なのか?
管理不十分により、腐敗に近い仕上がりの「熟成肉」もあるようです。
提供店の認識不足による、消費者の知らない「不適切な生産・管理方法」であります。
このような状況の中で、何らかの問題が起きた時の打撃を懸念する業者の意見もあるようです。
早急の定義づけが必要なのでしょう。

この状況は「歯科治療」においても同様です。

「歯の治療」と言っても、
その場しのぎの安易な治療もあれば、10~15年先の見通しを考えた治療もあります。
病気の原因にアプローチせず、治る見込みの無い歯医者の為の治療を何年にも渡り受け続ける…。

「熟成肉」の品質が悪ければ、病気を招いてしまいかねません。
「不適切な歯の治療」においては、安易な治療が他の歯や噛み合わせに影響を与え、無駄な治療を繰り返すことになります。

「歯の治療」の定義は何なのでしょうか?

院長 島田 実

ページを見る

本当に意味ある治療なのか

2018年04月10日



以前、ニューヨーク大学での症例発表にて外国人の先生からの言葉をふと思い出すことがあります。

日本人歯科医師が発表に対し、9割以上の確率で外国人の先生から
「あなたが行った治療はそもそも介入すべきではない」と意見があがります。

国民の健康の為にと第二次世界大戦後、制定された国民皆保険。
国民皆保険であるがゆえに安易に歯を削り、安易に再治療を受ける…本来ならば、治療費というファクターがなくとも真剣に自分の歯について考えるべきなのですが、そうでないのが現実です。
歯科医師でさえも目先に囚われた結果、患者と一緒に本質を見失う現実を指摘されています。
情けない…の一言です。

「全体で考えれば、わかるはずでしょう」「介入するから、もっと悪くなるのです」
真剣に患者の将来を考え向き合おうと思えば、もっと違う治療内容になるはずだと指摘を受けます。

そして、患者とコンセンサスはとれているのか?
患者が望むからと言って、整合性がとれない治療をやり続けるのか?とも問われます。

あまりに安易で短絡的な歯科治療が多すぎることに疑問を感じるのは私だけでしょうか?
私はただ歯科医師として治す為の介入はすべきと考え、それ以外の目的の患者介入はすべきでないと考えます。なぜならそれは「治療」とは言えないからです。

院長 島田 実

ページを見る

笑顔の理由

2018年04月4日



少し前の話になりますが、今回のオリンピックで再ブレークしたカーリング女子の選手の皆さん。
彼女達の爽やかな笑顔に日本中の誰もが惹かれました。
私もその一人です。試合中の真剣な眼差しはキラキラと輝き、魅力的でした。
あの「目の輝き」の理由は何でしょう。私の分析はこうです。

― 個人個人の役割をしっかり理解している ―
どのコースにストーンを投げるのか。そしてブラシを使って、スイーピングさせて、どのストーンに当てるのか、どこに停止させるのか。すべての動作に理由があり、それを選手の皆さんは、高い水準で理解しています。一人ひとりが頭を使って理解することが重要であると考えます。

― 意味の無い、仕事は無い ―
やっていることに、意味が有るのか? 無いのか?
常に価値ある仕事を自らの意思で行うことで行動に責任と自信が伴います。

以上の2点が彼女達の「目の輝き」であると考えます。
そして、このことは私達の仕事においても同じことが言えます。
一人ひとりのスタッフが個人の役割を理解し、価値ある仕事に全力投球する…まるであのカーリング女子を思い出させるような「目の輝き」を持ったドクター、スタッフであるよう互いに高め合う組織を目指します。

院長 島田 実

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

〒938-0014 富山県黒部市植木166-2

0765-54-5188

診療時間
09:00~13:00
14:00~17:00

※休診日:日・祝日

このページの先頭に戻る